CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< US & Brtish Army Shorts Collection アメリカ軍 イギリス軍 ショーツコレクション | main | John Smedley Sea Is landCotton Polo Shirts Collection ジョンスメドレー コットンポロ >>
New Balance Made in USA collection ニューバランス スニーカー

こんにちわ。BLOGではご無沙汰しております、後藤です。

僕のBLOGの入りは大体天気や気温の話題ばかりなのですが、言いたくもなるってもんです。寒いです。お陰様で最近まで熱やら風邪やらをひいておりましたが、ようやく体調がまともになってきました。中にはお気遣い頂いて差し入れまでくださった方もいらっしゃいました。嬉しいです、ありがとうございます。

 

都度都度にご案内させて頂いておりますが、只今温故知新ではUS古着、ミリタリーアイテム、イギリスインポートブランドの30%OFFセールを実施しております。非常にお買い得なこの機会を、是非ご利用ください。

 

さて、本日は気温差の激しい昨今ですが、そういった部分に左右されない足元を飾るアイテムです。以前もご紹介したことがありますが、本日は他のモデルのご紹介。

 

New Balance M1300 CLB Classic Made in USA ニューバランス クラシック

表記:US 9 1/2 27.5cm WIDTH:D

 

スニーカー界のロールスロイス、と言われるニューバランス1300シリーズからの一足。さて、前回のBLOGではご紹介しておりませんでしたので、まずはニューバランスのブランド背景のお話しです。

 

New Balance
1906年、イギリス移民のウィリアム・J・ライリーが解剖学、整形外科、運動生理学への深い理解から、偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして、ニューバランス社はボストンに誕生しました。”履いた人に新しい(new)バランス(balance)感覚をもたらす”という意味合いが社名の由来となっています。
1972年、6名の従業員と日産36足の生産規模であったニューバランス社を現New Balance Athletics Inc.取締役会長のジェームス・S・デービスが買収し、現在の体制を築きます。
伝統を継承しながら、最新のテクノロジーを集結し、常に最高のフィット性を追求するシューズづくりを行っているニューバランスのシューズづくりは、一線を画す唯一無二のスニーカーブランドと言えるでしょう。

 

そんなNBから、こちらは1985年に登場したランニングスニーカーの最高傑作とも言われるM1300シリーズ。1300は世界初のENCAP(エンキャップ)を搭載し、クッション性と安定性を両立させた極上の履き心地を備えています。

ラルフローレンがNewBalanceを履いて「雲の上を歩いている様だ」と絶賛したエピソードは非常に有名ですが、そのコメントはこのM1300を履いた折に言ったものです。

 

こちらのモデルは、M1300 CLB (Classic Black)という方版いなっており、上記に紹介したオリジナルM1300をベースに、アメリカの生産ラインナップの中で、現行の優れた技術を採用するアップデートモデルにあたります。

ブラックトーンをベースに、グレーメッシュとのコントラストが際立つモノトーンにまとまった落ち着いた風合いの一足。New balanceならではの履き心地の良さは勿論のこと、ボリューム感を抑えたすっきりとした印象で細身でスタイリッシュなスタイリングのも合わせてご着用頂けます。

 

 

続いては相反して少しカラフルな印象の一足から。

 

New Balance M1400 CU Made in USA ニューバランス

表記:US 9 27cm WIDTH:D


M1300の後継として開発されましたが、当時の技術力では量産が不可能だった為、時を経て1994年に発売となった1400。

こちらも面白い逸話があり、型番は1400なのに、先の理由から1500の方が1989年に先行して発売されております。

 

しかし、生産が出来なかったとまで言われるほどの技術力が織り込まれているだけあって、その履き心地は素晴らしいの一言では言い表せないのが1400。その理由は、軽量でクッション性と安定性に優れたENCAPと、EVA素材を圧縮成形したC-CAPのハイブリッド素材のアウトソールが理由の一つを担っております。
 

ちなみにこちらのモデルは、New Balanceがルーツに立ち返ってコレクションを展開するMADE IN U.S.A Heritage Modelからの一足。素材感豊かなピッグスキンスウェードと通気性に優れたメッシュの定番コンビネーションをベースに、ラグジュアリーな配色のネイビーとバーガンディーのカラーリングでまとめられ、スニーカーながらもモード、ドレスといったスタイリングにも合わせて頂けます。日本国内では発売店舗が限定されていたようですね。

 

僕自身、以前写真を掲載した折、900シリーズを紹介してましたが1000番シリーズは所持しておりません。代わりに1000番をすっ飛ばしてのM2002という型番を愛用しています。

 

紐も通してない写真ですみません。{後々メンテナンスの仕方の記事を書こうと思っており、その素材写真です。}

1000番シリーズをご紹介しておいてなんですが、このM2002は初めて履いた時に衝撃を受けました。今まで履いたすべての靴の中でも個人的には一番の履き心地と思っています。しかしながら数列の通り、この2002は1000番シリーズからの後継機にあたります。この履き心地が実現したものも上記の1300や1400などの歴史があってこそと思うと、やはり素晴らしいスニーカーと思いますね。

しかしながらこのM2002、デザインが不評過ぎるゆえに履き心地の評価が高けれど、1000番台の方が未だに人気があったりします 笑

僕は凄い好きなんですけどね…。

 

最後に当店からのご案内を一つ。本日アメリカより素敵な什器(ツール)が届きました。

 

ブランノックデバイス(Brannock Device)Made in USA For Mens

 

1928年に、ニューヨーク在住の発明家である“Charles F. Brannock”の手によって考案された世界基準のフットサイズ計測器です。これの導入に伴い、当店でも足の長さとウィズ(足幅)の計測が出来るようになりました。

甲高の計測は出来ないのですが、 甲高について履いてみないと馴染み具合はわからないので、基準サイズをこちらで計り、最適な履き心地をお探し出来るようなご助力が出来るかと思います。

 

「今までこのサイズを買ってきたから自分はこのサイズ」と思っておりませんか?自分の足サイズと履いてるその靴が合ってないという方、実は相当いらっしゃいます。というか、大半を占めます。

お気軽に当店にてご利用ください。

 

※お支払いは、店舗、通販サイト共にVISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

 

| Shoes | 16:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする