CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< New in Stock Karen Henriksen Hat colllection カレンヘンリクセン ハンドメイド ハット | main | New in stock : Special Vintage Bag Collection ヴィンテージバッグ コレクション >>
New Brand Percival menswear From London パーチバルメンズウェア

こんばんわ。

渡航前より取り扱いはございましたが、先日の買い付けより今冬17AWより取り扱いが始まる新規ブランドのご紹介です。

アーカイブにて数点のご用意がありましたのと、デザイナーとお会いした際に1点だけですが、今夏アイテムをご用意させて頂きましたので、オンラインストアへの掲載、そしてブランドのご紹介を致します。

 

Percival(クリックでブランド紹介ページをご覧いただけます)

2010年、ロンドンより発足したBritish Made Wearを主とするトータルウェアブランド。各国のセレクトショップとオフィシャルのウェブストアを通じた販売形式にてスタート。年齢と着方を問わないベーシックさを保ちながら、長く愛用することが出来る品質、時代に左右されないデザイン、そして英国生産によるテーラーの技量を生かした3軸によってパーチバルのコンセプトは形成されています。ユニークなテキスタイルやアクセントの映えるデザイン性は、"伝統的なメンズウェアの再定義"というデザイナーChrisの哲学が表現されています。

 

こちらがパーチバルのハウススタジオ。パーチバルは元々スタジオを設けて制作を行っていたのですが現在新しいスタジオへ移設するにあたり、自宅の一部屋をワークスペースにして制作を行っています。スタジオがないために、当初は喫茶店で落ち合って色々お話をする予定が、デザイナーのクリスが時間がとれないので、良かったらスタジオ兼家にこない?と言ってくれて、ワークスペースの写真も撮らせてもらえて逆に功を奏した結果となりました。

デザイナーのクリスですが、高身長に加えて非常にイケメンだったので、「ひょっとしてモデルとかやってる?」なんて聞いてみたら「ハハハ、そんなことはしないよ」なんて謙遜して返答しながらも、

 

ちゃっかり自分のインスタでモデルやってました。僕と同い年というのも知れて、スペック的なものはかないませんけど、親しさが感じられたのが嬉しい限りでしたね。

 

現在オフィシャルのトップページで”うま味コレクション”っていうのを打ち出してます。会ってた時には、この話は全然していなかったのですけど…ダジャレなのかなにか暗喩してるのかが全然わからず終い。クリスは少しだけ日本語が喋れたりするのですが、なんで”うま味”って言葉をチョイスしたのかはわけがわかりません…彼なりの、センスかな?

 

そんな茶目っ気を感じさせるブランド、パーチバルですがコレクションはとても魅力溢れるそれぞれとなっております。

 

Percival Menswear Kilim Print trousers パーチバル キリムプリント トラウザー

表記:03(L)W35-36 ¥15,000 tax in  ¥16,200 Made in China

 

まずは、遊牧民の伝統文化であるキリムプリントを、パーチバルならではの解釈からオリジナルで描き起こし、プリントしたコットントラウザースのご紹介。

 

ツイルコットン地による特有の光沢感と、キリムの柄模様がカジュアルさと上品なスラックスの両立性を兼ね備えます。細身のテーパードシルエットは裾にかけてシャープな仕上がりとなり、トップスを選ばない上品なラインを描きます。

 

ボタンは全てPercivalのネームが入るホーンボタンが用いられ、ナチュラルな素材感にラグジュアリーなアクセントが光ります。ポケットはサイドとバックにそれぞれ2つ付き、サイドポケットはホーンボタンによるフラップ調のデザインとなり、シンプルなパターンながらも細かいディティールの映える一本。

 

パーチバルはメインコレクションはロンドン縫製なのですが、ニットラインはポルトガル、パンツはルーマニアをベースとしています。そんな中、このパンツはMade in China表記となっており、この件についてクリスに伺ってみたところ、カスタムオーダーのテキスタイルを作るにあたっては中国の工場が一番に適していたという兼ね合いで、縫製もそのまま中国のファクトリ―で行ったとのことでした。「”Right people, right place”(適材適所)もたまには必要」という判断だったそうですね。

 

Percival Menswear Slim Fit trousers パーチバル スリムフィット トラウザース

Size:02 (M) ¥19,000 Tax in ¥20,520 Made in Romania

 

続いても16S/Sのアーカイブコレクションとなる、ツイルコットン生地のスリムフィットトラウザース。

 

美しいツイル織りのコットン生地は、光のあたり具合によってベロア調の鮮やかな光沢を映し、なだらかな肌触りの上質なコットン生地は上品な履き心地と伸縮性を保ちます。こちらも細身のテーパードシルエットとなり、非常に細く美しいシルエットライン。

 

どれくらい綺麗かというとこの写真のように綺麗です。おそらく裾上げをしていますね。フルレングスだと相当長いので、お裾上げをおすすめしております。私物として僕もパンツを一本所持しておりますが、いつものコチラにお直しをお願いしました。

 

 

こちらもディティールはキリムパンツ同様に、ボタンによるフラップ調のフロントポケット、そしてバックに2ポケットとなっております。後ろからの写真でもお分かりと思いますが、スーッと落ちた滑らかな生地感とラインがお解りになるかと思います。

 

そして最後はボトムスから変わって、トップスとなります。

 

Percival Menswear Border Long Sleeve Tee パーチバル ボーダー ロングスリーブT

Size:M ¥11,600 tax in ¥12,528 Made in London

 

17S/SコレクションのロングスリーブボーダーTシャツ。こちらはアーカイブではなく今期ラインの一枚より。

 

 

裏地がパイル生地(タオル生地)で仕立て上げられたサマーシーズンに最適な着心地となるTシャツアイテム。パイル生地の特徴は、起毛により体への接点が少ないため、密着性がなくべたつかずさらっとした着用感を備えます。このパイル生地はイギリスで織られた高品質のコットン100%の、伸縮性に富んだジャージーコットンを採用し 、縫製はロンドンのファクトリーによる逸品。

 

細身に仕上がったシルエットラインながら、アームホールを深めにカッティングし、胸囲と肩回りにすらっと落ちる独特なシルエットを演出します。霜降り掛ったような、独特な抜け感のブルーとオフホワイトのコントラストが春夏のシーズンにより涼し気な印象を与えます。

 

それではスタイリングそれぞれのご紹介です。

 

Jacket:Vintage Rohan ¥9,800 +Tax Size:S

Pants:Percival Kilim Print ¥15,000 +Tax

Shoes:HAiK w/ ¥29,600 +Tax

 

大変ご好評いただいておりますVintage Rohan Jacket、もう残り3枚だけとなってしまいました。個人的にもお気に入りなブラックパープルが、パーチバルのパープルネイビーのトーンを同色な具合だったので、組み合わせています。重たくなり過ぎないよう足元にホワイトを入れてコントラストを入れてみると、爽やかになりますね。

 

HAT:KARENHENRIKSEN ¥16,000 +Tax

T-shirts:AVENUE ¥14,500 +Tax

Pants:Percival Slim Fit ¥19,000 +Tax

Shoes:Shoes:HAiK w/ ¥29,600 +Tax

 

先日ご紹介したカレンのハットと、AVENUE、そしてHAIKといったモードよりなスタイリングに取り入れたスリムトラウザース。あえてレングスはおらずにフルレングスをそのまま下ろしています。クッションがでていても、腿回りから足元にかけての綺麗なシルエットになりますね。しわが寄る分、より立体感が出ます。

 

T-shirts : Percival menswear ¥116,00 +Tax

Pants:Percival Slim Fit ¥19,000 +Tax

Shoes:New Balance M2040 OB3 ¥33,000 +Tax

 

最後はボーダーTと先ほどのパーチバルのスリムフィットトラウザーを合わせたパーチバルのトータルスタイリング。っていうか、着てるのコレ全部私物です。ボーダーTは169cmの僕が着てちょうど良いサイズ感ですね。春夏らしく気持ちゆとりのある着心地です。そしてこちらのスリムフィットトラウザーは前述した通り、SARTO銀座にてお直しして頂いたもの。

こちらもロールアップをしていない、ハーフクッション程度に収まる絶妙なレングスに仕立てて頂けました。

 

やたらとアピールの回数が多いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

本日、SARTOのスタッフである伴さんがご来店くださってまして。私服を初めて拝見した、ていうか普段LobbやTricker'sを履かれているのに、今日の足元がVtgのstan smith持ってくるっていう、私服だとそんなにカジュアルなアプローチするの?!的な驚きでした。

当店にて人生初のジョンスメドレーを手に取ってくださり、本当に喜ばしい限りです。ちなみに前回来店して頂いた森岡さんもスメドレーを買って頂いていて。SARTOメンバー、どんだけスメドレー好きなんです…?笑

 

SARTOさんはお直しだけでなく、オーダースーツ、シューズのピスポークなども承るマルチアプローチの店舗さんです。僕もお店として付き合いをする大分以前よりお世話になっていて。それこそ5-6年くらい前から行ってる気がします。

お直しの技量というのは、正直に言ってしまうと、明確にこの部分がピンポイントで素晴らしい、と判断するのは難しいものです。

 

ですがSARTOに於いては一つのアイテムに対し、依頼主がどのように着ていきたいか、それに沿った調整の具合のセンス、といった”その人の(ライフ)スタイルに合ったサイズ感”を提案することが、どこよりも長けていると思います。

サイズ感でお悩みの洋服がある方は是非訪れてみてください。

 

※お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Brand | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする