CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Haik w/ Archives collection loafer and more ハイク ウィズアス ローファー サンダル | main | Made in USA Pop Art pattern Over Shirts, Round House, Levis Vest ポップカバーオール, ラウンドハウス, リーバイスデニムベスト >>
New In Stock:Church's Made in England Leather shoes Import collection チャーチ レザーシューズコレクション

こんにちわ。お待ちかねの方も多かったかと思います。instagramに買い付けした様子を投稿した後、お問い合わせの多かったこちらのブランドが出揃いました。オンライン掲載も完了致しましたのでこれで心置きなくご紹介できます 笑

 

それではブランド紹介から。

 

Church's

1873年、靴作りの町ノーサンプトンにて創業。当時左右の同形の靴が市場の多くを占めていた中、チャーチは左右の区別がある革靴を製造、サイズ展開もハーフサイズを取り入れた打ち出しが功績として認められ、僅か8年後の1881年、ロンドンで行われた靴の展覧会で金賞を受賞。正統派の英国靴として不動の地位を確立します。

チャーチのウェルトシューズはグッドイヤー・ウェルト製法により250にもおよぶ工程を経て作られ、その丁寧な仕上がりならではの魅力は各国の著名人を筆頭に多くの人々に愛され続けています。

 

上記2つの写真は、英国靴の工場がひしめくロンドン北部に位置するノーザンプトンに訪れた際に撮ったもの。この日に先日ご紹介したエドワード・グリーンやその他のシューズも回っていたのですが、時間と気持ちに余裕がなくって写真撮ったのがチャーチだけでした…。もっと撮っておけばよかったです。でもファクトリーの写真って結構地味なので写真映えはしないんですよね 笑

 

ところで、これは靴好きな方にはウケそうな(もしくはご存知の方も既にいらっしゃるかもしれない)お話しなのですが。

僕がチャーチのファクトリーショップに訪れた際に、もう一人別のお客さんがいらっしゃって。”ワイズ(足幅)が広すぎて合わないんだけどD、もしくEはないの?”と、ショップのお姉さんに伺っていました。その答えが”チャーチでは25年程前からFとGのワイズのモノしかベーシックラインにしていない”とのことで、Eより細い幅は全てオーダーでのみの生産としているというのです。

 

その理由は、創業期である1800年代、技術が発達していない時代革靴は子供のころから履くのが欧州の文化でした。その為、足幅が自然と補足なりチャーチ以外も大半のシューメーカーは、当時”A”ワイズを基本として作り、ノーズを長めにとった靴作りをベースとしていました。以前にご紹介したボタンブーツはこういう背景があったわけですね。

1900年代に入り足元にはサンダル、そしてスニーカー(運動靴)という新しい文化が生まれます。これにより元々幅広になりやすい欧州人の足は、自然な足型を成形するようになります。チャーチはこの足型に着目し、自国民である英国人の足型により沿った足幅がFとGという平均の値である元、その結果として現在の2型のワイズにした、ということです。

 

もうこの話が面白すぎて質問者ではない僕の方がお姉さんに感謝の意を述べていました笑

ちなみにどうでもよいお話ではありますが、幅を意味する"Width"は、発音で書くとウィズが正しくなります。日本人はワイズと良く言うのですが諸説が色々あるみたいです。まぁ、浸透していてるのでどっちでも伝わる分日本で言うのはどっちでも良かったり笑

 

さて、とても長い前置きとなりましたので、本命の商品紹介です。

 

Churchs ALBY R Made in England チャーチ アルビー ストレートチップ

サイズ:6(US7 25cm)WIDTH:F ラスト:135

¥56,000 tax in ¥60,480

 

ストレートチップモデルのALBY R。コロンとした丸みを帯びたトゥ周りが特徴的であるこちらは、ベーシックな装いにまとまった、オーセンティックな雰囲気の一足。

 

外羽根のカジュアルダウンした印象ながら、カーフレザーの独特な光沢感とダークブラウンのベーシックなカラーリングは、スタイリング、トップス、シーンを選ばない万能なまとまりとなる逸品。シンプルこそに映えるステッチワークがより目を惹く仕上がりにまとまっています。

 

旧チャーチと呼ばれたTOKYOのインスタンプが入る以前の、2013年より前からのコレクションです。

 

 

Churchs Cransley Side-Goa Boots Burgandy Made in England チャーチ ガラスレザー サイドゴアブーツ

サイズ:6 1/2 (US7 1/2 26.5cm)WIDTH:F ラスト:103

¥56,000 tax in ¥60,480

 

サイドゴアモデルであるCRANSLEY(クランスレー)。艶やかな光沢を放つ美しいバーガンディーのガラスレザーが目を惹く一足。

 

ブローグ(穴飾り)はトゥ部分のメダリオンと、ウィングチップのアーチ、そしてヒールカーブの各アクセント箇所に仕上げ、全体の雰囲気はガラスレザーならではの上品さでまとめあげた逸品。

採用しているラストは、チャーチの名作として知られるシャノン(SHANNON)で使われることの多い103。トゥ部分にボリュームを持たせ重厚な印象を持ちながらも、長すぎないノーズ、小ぶりなヒールキャップといった無骨さと洗練さを併せ持った一足。

 

履き込むことで変化するガラスレザーの表情と堅牢なダイナイトソールでまとまったチャーチならではのサイドゴアブーツです。

 

 

Churchs CHETWYND 173 Black Made in England チャーチ チェットウィンド ウィングチップ ブローグ

サイズ:8 (US9 28cm)WIDTH:F ラスト:173

¥56,000 tax in ¥60,480

 

チャーチのフルブローグシューズの定番である、内羽根式のウイングチップモデル、CHETWYND (チェットウィンド)。

きめの細かいカーフレザーとブローグ(穴飾り)によるチャーチらしいアプローチが感じられるデザインです。

 

クラシックなフォルムを代表しつつも、現代人の足型を考慮して作られたチャーチの中でも多くの人に親しまれる173ラストを採用しています。バランスの良いスクエアトゥ、なだらかな甲高のライン、自然にくびれてたウエストシェプが愛用される多くの理由を担っています。
 

内羽根とブローグのバランスの取れたスタイリングを選ばな有用性に富んだ一足ですね。

 

Churchs LONGTON 138 Brown Made in England チャーチ ロングトン ウィングチップ ブローグ

サイズ:7 (US8 27cm)WIDTH:G ラスト:138

¥56,000 tax in ¥60,480

 

ブローグ(穴飾り)の装飾が美しい内羽根式のウイングチップモデルLONGTON (ロングトン)

きめの細かいカーフレザーとブローグの装飾の映えるチャーチらしいアプローチとなる一足。

 

フルブローグながらもChetwyndに比べると控えめな装飾具合が見て取れる、より落着きのあるドレス感の高い逸品です。トゥ部分はもとよりグラデーション掛かっており、アンティーク調のクラシカルな雰囲気に仕上がっています。

 

 

ウェスト部分のシェイプが美しい曲線を描き、内側からのアングルが一層美しい仕上がりとなった逸品。飴色に仕上がったアンティークブラウンのレザーは、お手入れと履き込んでいくことでよりレザーが馴染み、経年変化をお楽しみ頂けます。

 

それぞれちゃんと箱も付属致します。ちょっとボロくなってしまっているのもありますが、そのあたりはインポート品ということでご容赦ください。

チャーチはオフィシャルのプライスが年々高騰しているというこもあって、ベーシックラインが10万円超えてしまうものもあるようです。本当はもう一息お安くしたいところではあったのですが、ちょうどイギリスに着いたタイミングの日から為替レートが高騰してこのあたりが限界に…。それでも旧チャーチであったり、あまり見かけないモデルなども揃えられているかと思います。是非店頭にてご覧ください。

 

ところで先日。ご近所のKottonyさんでお買い物をしました。

 

コットン布で織られたハンドメイドケースです。お値段なんと¥1,600 in tax!! なんてお買い得なんでしょう…!

当店取り扱いの植物群がどんどん成長していくとともにバランスが不安定になってきたので安定性を兼ねてのご入用。ジャストフィットです☺

ちなみにこの写真の子はまだオンラインストアにも掲載していないArisaema SP.です。3,300 +Tax

 

その他の植物群もどんどん育ってきてしまって、オンラインストア掲載の品種の価格改定を行いました。室内飼育でも、こんなに大きくなっていくんですね…。それこその植物の醍醐味でもありますけどね。

 

※お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

 

| Shoes | 15:34 | comments(0) | - |
コメント
コメントする