CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< NEW ARRIVAL:US Army Polartec Fleece Jacket, Drifire Long John's, more ALL Made in USA Collection アメリカ軍 フリース, レギンスコレクション | main | New in Stock : Salvor Project Archive Jacket Collection サルボア アーカイブコレクション >>
RED BACK Water Proof Boots Fullgrain Lether Shoe Care レッドバック シューケア

みなさまこんにちは、福本です。昨日今日と台風の影響をほとんど感じられませんでしたが、明日からまた雨が続くみたいです、、

ということで、本日は当店で取り扱いのRed Backブーツのケア方法をご紹介したいと思います。当店に来てくださるお客様は雨の日には靴がかぶるという事態がしばしば起こっているのですが、その原因がこのRed Back。Instagramにてその防水性に関して実験動画をご紹介しましたが見ていただいた方は、あのシュールさと凄さがわかっていただけると思います。笑

 

早速ですが、ケアの前に準備していただきたいものがございます。

・豚毛ブラシ

・マスタングペースト

・コットン布

 

Red Backのブーツケアに必要なのはこの3点のみ、どれも簡単に入手が可能です。豚毛ブラシなんかは普段の革靴のケアにも必ずと言っていいほど使用しますので、お持ちでない方は入手をおすすめいたします。

また、マスタングペーストは天然のホースオイル(馬脂)を使用し基本的なレザーアイテムのメンテナンスにうってつけのオイルです。嫌なにおいも一切なく、スキンケアクリームの原料から作られている為、素手でのメンテナンスにも優しい。ペースト状に仕上げられたこちらは指に乗せると体温でしっとりと無色透明に広がり、レザーに本当に浸透しやすいです。ただスエードやヌバックなどの起毛革には使用できないのでご注意ください。マスタングペーストは千葉の方は駅に隣するペリエのTOKYUハンズにも2800円+税 でお買い求めができます。ネットでも取り扱いがあるようなので場所によってはそちらの方が安くなるかもしれません。

 

ケアの前はこんな感じ、ここまでの着用回数は7回前後です。先端の色味がやや薄くなっているのが見て取れます。ちなみにレッドバックに採用されているレザーは、2.4mm〜2.6mmの厚さを誇るフルグレインカーフレザーを採用しています。通常、革の表面は様々な外的影響を受け、自然に得た傷やへこみがあり、皮をなめす工程の中でそれらを慣らし見えにくくしていきます。フルグレインレザーは、表側の体毛を取り除いただけの天然皮革を指し、銀面と呼ばれる凸凹を残します。じつはこの具合の方が通常のレザーよりも高い耐久性があり、ワークシーンには打って付けとなっております。

 

それではケアに参りましょう。

 

まず、レザーについたホコリを豚毛ブラシでささっと落としていきます。その他革靴などでも言えることですが、ソールとアッパーの接合部のあたりにはホコリが溜まりやすいのでブラシを線に沿ってかけると落ちてくれます。

 

ブラッシングが終わったら、全体を軽く濡れた布地で拭きあげます。ここまででオイルを入れる準備が整いました。この後、表面が少し濡れているので一度乾くまで約3分ほど放置してください。

 

乾いたことが確認できればマスタングペーストを少量指先に取って、手のひら全体に広げていきます。ただ、先に述べたように非常に浸透性の高いオイルなのでどんどん吸い込むからといって付け過ぎにはご注意ください。

 

オイルを伸ばしたら、先ほどの拭きあげたブーツに手で全体を包み込むようにオイルを入れていきます。浸透が早い為、手の平全体を使って素早く広げるようなイメージです。ちなみに先ほどの指先につけたオイルの量でほぼ全体をカバーできます。塗りきれなかったという方は、あと少量(ほんとに少し)だけ追加で重ねてあげても大丈夫です。

 

と、これで実際ケアは完了。本当にイージーケア。笑

左がオイルを入れたあと、右がまだケアをしていない片足です。色味の補填、すれ傷などがすっかり消えちゃいます。

ここまでの時間、拭きあげ後の乾かしている時間を入れても約7分、簡単にできますのでレッドバックないしは同様のレザー商品を持たれている方は是非お試しください。せっかくなのでもう一足もささっとやっちゃって、、、

 

両足見事に元どおりに。ただ履いているうちにびっくりするほど柔らかくなって来ますので、そういった面も楽しんでいただけますね^^

 

本日紹介しました、レッドバックについては以前のブログにてバックボーン含め、ご紹介しております。そちらの記事もお時間ございましたら併せてお読みくださいませ。それではみなさん、雨具にお困りの方はぜひ当店に一度お越しください。雨に強いアイテム、たくさんそろっております!

 

 

※お支払いは、VISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※お支払いは、店舗、通販サイト共にVISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡くださいませ。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Other | 20:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする