CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< New Arrival:Europa Military collection ユーロミリタリーコレクション | main | New arrival:Peter Jensen Dress & Archive Knit Unisex ピーターイェンセン アーカイブニットコレクション >>
Webstore New In Stock:Mackintosh x CHURCH'S Special Coat マッキントッシュ×チャーチ ゴム引きコート

こんばんわ。福本の滞在は本日までとなっており次回は3月末〜4月頭頃の予定となっております。4月からは本格勤務となりますので、是非訛りのある高身長爽やか系男児とお会いしたい方はお越しください笑

 

本日の商品紹介の前に、1点謝罪しなければならないご案内がありまして…。

 

先日ご案内しましたこちらのGAPの大判のスカーフ、申し訳ありません、シルクではなくてポリエステルでした…。見間違えたのか何かを思い込んだのかはわからないのですが…誤情報を大変失礼いたしました。その為プライスを変更致しました。

¥7,500(Tax in¥8,100) → ¥6,500(Tax in¥7,020)

 

お買い得です。というかこのプライスならディスプレイにしたいところなのですが、お客様優先としてお出ししています。笑

イタリア製という魅力はそのままなので是非ご検討ください。

 

さて昨日、福本からもちょっとご紹介が御座いましたが、本日は非常にスペシャルなアイテムのご紹介です。誰もが憧れるコートブランド、マッキントッシュ。ご来店頂いたお客様も驚かれるのですが、当店にてご用意しているコレクションはCHURCH'SとのWネームライン。以前に紹介しておりますが、本日より通販サイトに掲載しますので、詳細を記載してないモデル群をご紹介。

では、先ずはブランド説明から。

 

"Mackintosh"

1823年、二枚張りの生地の間に溶かしたゴムを挟み込み圧着させ、堅牢かつ撥水性に富んだゴム引き素材”マッキントッシュクロス”が生み出されました。発明者は、チャールズ・マッキントッシュとトーマス・ハンコック。両名によって世に生まれた画期的なこの素材は、瞬く間にイギリス全土に知れ渡り、軍のコートから鉄道員の公用着としても広く使われるようになります。ブランドは1830年にチャールズ・マッキントッシュの名を掲げ、今ではイギリスを代表するブランドの一つとまでなりました。エルメスのコート生産も請け負っていることなど、そのブランド力はイギリスから全世界へ知れ渡っています。

 

"Church's"

1873年、靴作りの町ノーサンプトンにて創業。正統派の英国靴として不動の地位を確立し、各国の著名人を筆頭に多くの人々に愛され続けています。チャーチのウェルトシューズはグッドイヤー・ウェルト製法により250にもおよぶ工程を経て作られています。

 

そんなイギリスを代表する2ブランドの組み合わせ。なんでこの二つが組み合わさったのかは不明なのですが、昨今Tricker’sともWネームでレザーシューズを出しているので、イギリスブランド同志という具合と思います。それではアイテムのご紹介です。

 

Mackintosh x Church's Double Breasted Pcoat Yellow Made in Scotland ¥90,000 Tax in 97,200

Size:表記L Mens -S Womens -L

 

マッキントッシュのコレクションではあまり見かけないダブルブレスト、Pコートのデザイン。以前取り上げたネイビーと同タイプですが、サイズが1サイズ小さくなっています。こちらも元々レディース展開のアイテムですが、前合わせは右左どちらでも留められるので男女問わずお選びいただけます。169cm 58kgで程よいシルエットです。男性のSサイズぐらいのサイズ感ですね。

 

なによりも特徴的なのが襟裏のベージュカラーとの切り返し。前開きの裏側に、チンストラップをボタンで留められる造りになっており、風が強い日には襟元を立てて防風性を高められるとともに、襟裏のベージュカラーがさり気ないアクセントとして映える仕様です。この上品な色味の組み合わせ、配色センスがまさにマッキントッシュらしさを感じさせてくれますね。

 

ポケット裏はベージュカラーの切り替えしにになっており、後ろ身頃はセンターベンツによる動きやすさとシャープな印象です。マッキントッシュのコート全般に言える縫い目の見えない仕上がりは、表地だけでなく裏地にも生かされており、どこを見ても隙のない作り込みは流石の一言。

 

ハーフライニング(裏地の背面部分)に縫われたブラウンカラーの"Church's" ロゴと、裾のマッキントッシュタグの並びはWネームならではの存在感。発色が良く軽やかなイエローカラーは、やらしさの無い落ち着いた大人の余裕を感じさせる色合いです。

 

もちろん、先日のスタイリングで合わせていたこちらもwebshopに掲載しております。

 

Mackintosh x Church's Double Breasted Pcoat NAVY Made in Scotland ¥90,000 Tax in 97,200

Size:表記L Mens -S~M Womens -XL

 

こちらも通販サイトへ掲載しておりますので、是非ご覧ください。

 

続いてはマッキントッシュと言えばのこちら。

 

Mackintosh x Church's "DUNKELD" Made in Scotland ¥90,000 Tax in 97,200

Size:Mens -S

 

マッキントッシュを代表するモデル”DUNKELD”。マッキントッシュの中だけでなくコートというジャンルにおいて、スタンダードであり定番とも言えるデザインと思います。ベーシックこそWネームのような”ノーマルでありスペシャル”という仕様に、惹かれる要素があると思います。
 

イエローのPコートとは真逆のカラーリングアプローチ。表地がベージュに対して内張りにイエローがあしらわれています。裾にはベルトアジャスターがついており、短くすると裾部分の末広がり内向きになり広がりが抑えられるようになるため、よりシャープな印象に。そして男性が描かれているマッキントッシュのアイコンタグはいつ見ても気持ちが上がりますね。僕だけでしょうか?笑

 

こちらはハーフライニングに刺繍でチャーチのロゴが縫われている豪華な装飾仕様。同じ製法と思いますこの刺繍ロゴは、チンストラップにもあしられており、襟を立てた際フラットな印象の全体像に首元からラグジュアリーなアクセントを演出します。

 

ポケットの内側は前述同様イエローカラーとの切り返しです。こういう見えない部分の仕上がりは着ている人にしかわからないのですがうきうきしますね。ハーフライニングは隙間が設けられ、アンブレラヨークでも見られる通気性が備わります。

ポケット内側に汚れが見えるのですが、ゴム素材を挟み込んだマッキントッシュクロスはボンドをと圧着によって仕上げているため、その生地の特質上接着剤がはみ出すことがあります。予めご了承ください。

 

最後はちょっとだけ難ありということで、上記よりも少しだけお買い得なこちら。

 

Mackintosh x Church's DUNOON FAWN Made in Scotland "Second" ¥80,000 Tax in ¥86,400

Size:XS

 

こちらもマッキントッシュの中でも人気のあるステンカラーデザイン”DUNOON”。” DUNKELD”に比べ、着丈が短くよりカジュアルなデザインに仕上がっています。なによりも特徴的な部分は、肩回りがラグランで仕上がっている点。クラシカルさを保ちつつスポーティーな雰囲気も持ち合わせており、こういったバランス感は流石のマッキントッシュと思わせてくれる逸品。

 

ディティールや、チャーチの刺繍ロゴといった仕様については、DUNKELD同様チンストラップ、裾のベルトアジャスターなどが付いています。大きく異なる点として、後ろのセンターベンツにボタンホールがあり、ベンツの広がりを調節できます。ベンツの造りに関しては特に個人差があると思います、センターがお好きの方もいればサイドベンツを所望される方等々。この機構については、センターベンツの広がりが気になる方には嬉しい仕様ではないでしょうか。

 

ところで、最初に記載しておりましたセコンドという部分。クリックして見て頂くとわかるのですが、この白い縁部分にボールペン跡がついております…。英国の商品管理を叱りたい気分で山々ですが、その分こちらはSecond品として他ラインナップよりもお値下げしております。

マッキントッシュのメンテナンスを受け付けてくれるところはなかなか限定される様なのですが、色々探ってみるとこれくらいの汚れは結構どうにでもなるみたいです。クリーニング代を含めて見ても非常にお買い得な1着と思います。この機会に是非。

 

それではスタイリングです。サイジングのご参考に合わせてご覧ください。本日付で最後となります、181cmの福本に着用してもらっています。169cmの僕の具合につきましては商品紹介ページにて着用しております。ご参考ください。

 

Shirts:Mono Project ¥14,300 +Tax

Coat:Mackintosh x church's Double Breast Coat ¥90,000 +Tax

Trousers:Swedish Army ¥8,900 +Tax
Shoes:British Army MOD ¥12,600 +Tax

 

まずはDouble Breastコートより。福本は肩幅があれど身幅が細身なのでメンズSでも着られます。181smが着用すると、コートというよりはブルゾンライクになりますね。女性の方はWEBSHOPにて169cmの僕が着ておりますので比較としてご参考ください。

 

Shirts:Mono Project ¥14,300 +Tax

Coat:Mackintosh x church's DUNKELD ¥90,000 +Tax

Trousers:Swedish Army ¥8,900 +Tax
Shoes:British Army MOD ¥12,600 +Tax

 

続いてはDUNKELD。定番となる理由がよくわかる綺麗なAラインを描いたシルエット。フォーマルシーンを意識したシャツ、スラックス、レザーシューズとの合わせですが、色味が明るいのでカジュアルなアプローチとして見ても通ずるかと思います。袖元のイエローカラーが程よいアクセントに。

 

Shirts:Mono Project ¥14,300 +Tax

Coat:Mackintosh x church's DUNOON FAWN ¥90,000 +Tax

Trousers:Swedish Army ¥8,900 +Tax
Shoes:British Army MOD ¥12,600 +Tax

 

最後はラグランであるDUNOONです。横からのアングルですが背中周りに少しバルーンっぽくゆとりがあるのが見えると思います。この絶妙なシルエットの具合がクラシックとモードの中間を行くような絶妙なバランス感。前を閉めて着用しておりますが、このトップスの具合で、ボトムス周りをゆとりのあるスウェットやサルエル調のパンツと合わせても柔らかい印象で着用頂けます。

 

チャーチとのWネームというラインナップは国内では未発売のようです。また、マッキントッシュのコートは調べてみると価格変動が著しいのですが、それらを踏まえてもお求めやすい価格と思います。先月も強風と雨が多かったですし、まもなく日本の梅雨シーズンがやってきますので、是非特別なコートをこの機会にご利用ください。

 

※お支払いは、店舗、通販サイト共にVISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡くださいませ。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

 

 

| Jacket, Coat | 23:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする