CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
NEW BRAND STARTS! : HAAR SCOTLAND 19-20AW Made in Scotland Collection Vol1 新ブランド 取り扱いのご紹介 From スコットランド

あけましておめでとうございます。

オリンピック年として話題になっております2020年がスタートし、当店温故知新も1月4日より初売りが開始となっております。

本年も小売り店としてはスタンダートに、商品の取り扱いを軸としてまいりますが、取り扱いするラインナップを今まで以上に幅広く、そして奥深くご紹介してまいります。

例年通り、ではなく、例年よりも楽しく面白くわくわくするお店を、ご覧いただくお客様方に感じていただけるよう精進してまいります。2020年も改めまして温故知新をよろしくお願い致します。

 

さて、新年の挨拶はこの程度に、YoutubeやInstagramのライブ配信にてお話しておりました、スコットランドからの新規ブランドのご紹介です。

 

お待ちいただいておりました皆さま、是非ご期待ください。

 

 

HAAR SCOTLAND

2016年にダレン(Darren)とジェシカ(Jessica)の2名によってスタートしたスコットランド発のトータルウェアブランド。

"HAAR"というブランド名はスコットランド北東部を包む海の霧、”haar”に由来します。"霧が生まれたとき、目前を集中することを強いられる。散漫する意識と固定概念を取り除き、自信が着ている服に対して意識を持って着用する"というメッセージが込められています。

HAARのコレクションはスコットランドの景観を飾るなだらかな丘、山脈、海岸線、土地、城、町、住まう人々からの豊かで多層的な歴史と文化からインスパイアされています。そしてその生産背景には徹底した製造プロセスからの最高品質の素材を用い、熟練した職人が手作業で極小ロットによる衣服作りが行われます。

HAARは、自身をスコットランドの製造業における救世主などと主張するつもりはありませんが、その重要性を十分に理解しています。それはイギリスが持ちうるファッションの伝統性技術力に対する誇りが失われつつあることに対しての憂いでもあります。スコットランドメイドの意味をコンセプチュアルに掲げた洋服が、着た人の経験と場所を通し、その人自身のものになることを願いモノ造りを行う、時代に左右されないクラフトマンシップを掲げる新進気鋭のブランドです。

 

長々としたブランドの説明となりましたが、彼らが抱くブランドを立ち上げた経緯とメッセージ性は、非常に奥が深くなるべくに伝えられるようにしたいと思い、簡潔にまとめてこの具合です笑

 

英語が得意な方は、こちらでロングインタビューもお読み頂けますので是非ご興味ある方はご覧ください。

Our Interview with Outdoor Wear Mag

 

それでは早速に各アイテムのご紹介です。

 

  

HAAR SCOTLAND Button Down White Shirt Made in Scotland ハースコットランド ボタンダウン B.D. シャツ

Size:S, MSOLD, L Price:¥22,000 +tax

 

HAAR SCOTLANDのスタンダードモデルを飾るボタンダウンシャツ。デザイナーのダレンとジェシカの両名が、今までに見たシャツディティールを組み合わせて作り上げた、ベーシックでありオリジナリティを兼ね備えたシャツコレクション。

オープンタイミングより早速にMサイズをご購入いただきました。

W君、いつもいつもにありがとう!(他のアイテムの紹介時にまた登場しますw)

 

 

襟部分は1940年代のヴィンテージシャツに見受けられる「スピアポイント」と呼ばれる槍先のようにとがったカラーデザインから着想を得た、クラシカルなフィット感を引き立てます。

 

このスピアポイントという名称、僕も初めて聞いた言葉なのですが、50sくらいのシャツを色々と探ってみましたら、

 

 

こんな感じのアイテムが見受けられました。先細りしている襟デザインが特徴的です。こちらを現代風にアレンジしたのが今作。

 

 

生地には215gsm=6.34ozの目の詰まったオックスフォードコットンを採用。通気性の良い太糸で織り込む本来は春夏シーズンに適した「パナマ織り」で仕上げておりますが、生地に厚みを持たせることでオールシーズンに着合わせられる汎用性を備えます。また非常に毛足の長いコットンを採用し、オックスフォードながらも光沢感と滑らかな肌触りによる極上の着心地に。

 

 

長めにとられた後ろ身頃は美しいカーブを描く裾周りと、サイドの裾部分にはスコットランドの国旗に見立てた”X”の刺繍を施した遊び心が垣間見える仕立て模様。ブランドの刻印が押された貝ボタンは程よい厚みとホワイトオックスの生地にアクセントを引き立てます。

 

 

胸元はペンポケットも備えたマルチポケットデザイン、襟後ろにはボタンによる襟崩れしない細やかなディティールと備え、スコットランドのアトリエでのハンドメイドクラフトがさえわたる一級のモノづくりによる仕上がりです。

 

「このクラシックなシャツが、手に取った方と共に年を重ね、ワードローブの定番となることを願っています」というHAARのメッセージが込められています。

 

お次もトップスアイテムから、メインウェアともなりますコチラ。

 

  

HAAR SCOTLAND Harris Tweed Herringbone CPO Jacket ハースコットランド ハリスツイード ジャケット

Size:S, M, L Price:¥58,000 +tax

 

HAAR SCOTLANDのアイコニックアウターコレクションを飾るCPOジャケット。ヴィンテージワークウェアと軍服からインスピレーションを受け、HAARによるモダナイズな解釈によって手掛けられた逸品。

 

  

コーデュロイの背抜き仕立てによる、非常に軽くオーバーシャツとしてもジャケットとしても活用できる汎用性の高いアウターウェア。ワークらしい開けた襟デザインと、4か所に備わる大振りのポケットがデザイン性と実用性を兼ね備えます。

 

 

両胸にはコーデュロイトリムの付くフラップポケットが設けられ左胸のインサイド側からアクセスできる大きな隠しマップポケットが備わります。

 

目を惹くフロントの大きなボタンは”Corozo-nut button”と呼ばれるタグア椰子の実から作られたイギリス製のボタンを採用。ベジタブルアイボリーとも呼ばれるこのボタンは、1870-1930年代にかけて紳士服用のボタンとして採用されていました。現在でもごく僅かながらに生産が続けられており、HAARではその中でも数少ないイギリス生産のボタンにこだわりコレクションに取り入れています。

 

ファブリックにはヴァージンウール100%のハリスツイードヘリンボーンを採用。スコットランドのアウター・ヘブリディーズで手織りされたハリスツイードウールは、素材に含まれる天然オイルにより耐水性も備えます。

 

さて、ここらで少しばかり脱線となりますが、このハリスツイードについてのお話を。そもそもハリスツイードとは、というお話をしますと、イギリス国会制定法によって守られている世界で唯一の商標登録生地、というのがこのファブリックの特質すべきポイントです。

 

  

ハイスツイードの名称に関しては様々な説がありますが、1830年頃ロンドンの商人がとある企業から受け取った手紙を読み、そこに記載されていた生地の柄名称に「ツイール(Tweel)」と記載されていました。これは、綾織物(ツイル)のことだったのではないかと推測がされます。

ロンドンの商人はこれを誤って解釈し、それがスコットランド国境を流れるツイード川から取られた商号であると意味を受け取り、生地の柄は”ツイード”として宣伝され現在にも慣れ親しんで呼称されている、というのが有力説です。ちなみにこの写真がツイード川。きれいな風景の場所ですね。僕はおそらく買い付けの際に通過してますココ(笑

 

1993年にイギリス国会で正式に”Harris Tweedの定義”なるものが制定され、その条件に乗っ取ったもののみが呼称を許されています。その条件というのが、「スコットランドのアウターヘブリディーズの家で島民が手織りし、アウターヘブリディーズで仕上げ、アウターヘブリディーズで染色および紡績したピュア・ヴァージンウールで作られたツイード布」という内容が厳守されているモノを指し示します。

 

ピュア・ヴァージンウールにこだわる理由ですが、もともとハリスツイードは農民の防寒着として使われたのが始まりとなり、スコットランド・アイルランドの気候、地域性に合わせて保温性が高く耐水性を兼ねる必要がありました。ピュア・ヴァージンウールとは、その名の通り羊から刈り取られ初めて使われるウールに加え未脱脂のものを指します。自然の油分をたっぷり含んでいるので、湿気に強くまた保温性と耐久性に優れていることから、採用されているという理由に基づいています。

 

そして意識しないとわからないのがこのラベルに記載されているそれぞれの文字の意味が実は一番重要なポイント。

ハリスツイードの中でもグレードというのがもちろんに存在しており、ハイグレードのラインナップにはかならず一番上に「HAND WOVEN」(手織)の表記がなされています。そしてこの画像の右下に表記されているのがギャランティ(正規品)を表すナンバリング。

 

今回のHAARのハリスツイードのコレクションにおいては、

 

タグラベルにホログラムによるナンバリングシールが貼られており、このシールの下部にナンバーが記載されています。時代と共に表記の方法は変えているようですね。

 

ここで一つ余談なのですが、

 

ハリスツイードと言えば、近年は国内におけるファストファッションを代表する某ファッションセンターにてタイアップコレクションが破格で販売されておりますが、そちらで使われているタグというのがこちら。

上部へのHAND WOOVEN表記はなく、ナンバリングもなく、そして100% Pure WOOLという表記もありません。

 

かといって、偽物というわけでもないようです。安価で販売できる理由の一つに、仕様生地面積が実は非常に少ないということ、そしてグレードの低い生地を使っているということ、そしてこれは仮説とされておりますが機械織りではないか、という説もあります(上部へのHAND WOOVEN表記がないため)

 

カシミアにも様々なグレードがあるように、安いモノには安いなりの理由が、そして高い値段のモノには高いモノなりの価値があります。

今回のCPOジャケットに関しては、風合いの良さからもこのハリスツイードタイプのジャケットをHAARにオーダーしましたが、コットン生地となると値段が1万ほど下がります。それくらいに価値のあるファブリックを採用したスペシャルラインナップ。徹底した作りこみの、まさにアルチザンウェアとも言えるアウターコレクション。HAAR SCOTLANDが誇る魅力あふれる逸品をお楽しみください。

 

長々と書いてしまいましたが、お待たせしましたスタイリングのご紹介です。

 

  

Shirt:HAAR SCOTLAND Button Down White Shirt Made in Scotland ¥22,000 +tax 

Pants:Ark Air Unlined Combat Trousers NAVY Made in England¥22,000 + Tax 

Shoes:Tricker's x the Old curiority shop Half Boots ¥75,000 +tax

 

169cm 60kgでSサイズを着用しています。気持ち大き目くらいな印象なのでS~Mくらいのサイズ感といったところ。オーバーサイズということもなく程よいゆとりを保ちます。カジュアルブランドが打ち出すシャツとは思えない、非常にドレスライクな出で立ちは、アルチザンならではな上品な仕上がりです。

勿論オックスフォードに加えボタンダウンですので、アイビーよろしくに、腕をまくってラフに着合わせてもいいですしタックイン主体にフォーマルシーンでも取り入れて頂けます。3枚目のバックシルエットなんて、ミリタリートラウザースと合わせているなんて微塵も感じさせない高級感が出ます(笑

 

  

Jacket:HAAR SCOTLAND Harris Tweed Herringbone CPO Jacket ¥58,000 +tax

Shirt:HAAR SCOTLAND Button Down White Shirt Made in Scotland ¥22,000 +tax 

Pants:Ark Air Unlined Combat Trousers NAVY Made in England¥22,000 + Tax 

Shoes:Tricker's x the Old curiority shop Half Boots ¥75,000 +tax

 

こちらのジャケットもSサイズを着用。ヴィンテージのカバーオール、そしてミリタリーアウターがベースになっているということもあり程よくゆったりとしたシルエットが伺えます。169cm 60kgで、身幅もそこそこに余裕があるので、インナーにニットやスウェットも着合わせられます。

このHAAR SCOTLAND、着用していて感じたのがEngineered GarmentsやFrank Leader、Arts & scienceといったデザイナー兼アルチザンな立ち位置のブランドと非常い近しい位置づけと思います。異なる点を挙げるとすればズバリ言えば価格帯。

 

インポートブランド、そしてこの素材使いとディティールのそれぞれを考えると、シャツに関してももうあと5千〜7千円くらいはあがってもいいと思うのですが…HAARとその工房がどのような関係性あるかはわかりませんが、ものすごくリーズナブルに展開していますね。

 

HAARに関しては百聞は一見に如かず、という言葉がまさにピタリと当てはまるかと思います。是非袖に通していただきスコットランドの魅力を味わっていただきたいと思います。

 

次回も引き続きHAARのコレクションのご紹介です。是非お楽しみに。

 

※お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市セレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| News | 21:47 | comments(0) | - |
Vintage British Army Gieves&Hawkes' Dress Trousers & Cape, CC41 Work Shirts & Italian Muffler Collections, ヴィンテージミリタリー スぺシャルコレクション

こんばんわ。おそらくこちらの記事が今年は最後になるかと思います。

2019年も数多くの顧客様、そして新規のお客様に当店をご愛顧いただき、心よりお礼申し上げます。こうして新年を迎えさせていただけますのも、たくさんのお客様方に当店のお買い物を楽しんでいただけた次第です。本当にありがとうございます。

2020年も、当店にて取り扱っております新進気鋭ブランドの新しいラインナップから、見た方が面白いと思っていただけるUsed、Vintage、そしてMiritalyアイテムのそれぞれを取り揃えてまいります。

 

引き続き当店へのご愛顧を何とぞよろしくお願いいたします。

 

さて、そんな当店の営業日のご案内から。

 

■12月

28日土曜日:通常営業(21時まで)

29日日曜日:年内最終営業日(18時まで)

30日〜31日:休業

 

■1月

1日〜3日:休業

4日:通常営業開始(21時まで)

 

本年と新年の温故知新は上記スケジュールとなります。オンラインストアの配送につきまして、休業期間中はお休みとさせて頂き、明け4日から順次配送お手配となります。何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

さて、今年最後の記事ということで、ここ最近はAWコレクションのニューラインアップやインポートアイテムの数々をご紹介させていただいておりました。今回はお久しぶりになりました、ブリティッシュ・ユーロヴィンテージアイテム特集です。

 

  

40 - 50s Vintage CC41 Wool Work Shirts Gray Made in England ヴィンテージ ワークウールシャツ

Size:Mens M~L Price:¥22,000+Tax

 

一枚目はこんなスペシャルピースから。CC41のタグラペルがきれいに残る、イギリスの民間品と思われるウールワークシャツ。シャープな印象を持ち合わせたラペルデザインは、ヴィンテージながらも上品な襟回りを演出します。

 

ブリティッシュヴィンテージに精通のある方はご存知の方も多いかと思います、CC41。こちら、1941年から始まった "Controlled Commodity=統制された商品" を意味する当時のレギュレーション制度。第二次世界大戦時、物資不足を危惧したイギリス政府が、家具・衣類の生産品に対してコストを掛けさせないように規制を強いました。

こと衣服に対しては、主に生地の分量や厚み、ボタン数やプリーツ、ポケットの数の省略、靴にはレザーの厚みからヒールの高低差を規制させ、スーツですらジャケットのダブルブレストやパンツのダブル仕上げまで禁止されたそうです。その政府管理の下、審査を通ったものがCC41のスタンプが押され販売されていました。

レースや刺繍の総数なども制限されていたようで装飾を極力省き機能性を重視したことから別名Utility Clothing (機能服) とも呼ばれていたそうです。

 

この背景からCC41タグが付属するアイテムは確実的に41〜51年に生産されていたものになります。ちなみにパックマンのようなこのロゴは欠けたチーズがモチーフになっているのだそう。

 

  

このファブリックは非常に目のつまった程よいハリ感のあるウール生地を用いており、ヴィンテージの年代ならではの独特なさらついた肌触りの仕上がり。

 

   

フロントは両胸にフラップポケットが備わっており、このポケット位置、実は左右ともに上下の高さが若干変わっています。細かいところで実用性に富んだディティールですね。しかもこのポケット、実はペンポケットが内側でセパレートされています。

BIg Yankばりの細かな作りこみ、お好きな方にはたまらないポイントかと 笑

 

   

ボタンはプラスチック4つ目ボタンによるがっしりとした縫込みと、程よいゆとりのある身幅、アームホールのシルエット、そしてカフス部分は珍しいダブルボタンの仕様となり袖周りがダボつかせないためのワークシャツらしいディティールを兼ね備えます。

 

 

細かな部分を見ると当時からの補修跡が見受けられ、1枚のシャツを大事に着まわされていた背景が伺える一枚です。

 

169cm 58kgのスタッフでゆったりとしたワンサイズオーバーのサイジング。メンズのM~Lほどのサイズ感となり、175cm前後の方に適正サイズとしておすすめです。しかしながら僕の体系でもワークシャツらしくオーバーに着合わせるのも気分にさせてくれる、非常に魅力的な一枚です。

 

お次はこんなシャツのボトムスに最適な一本を。

 

  

58s Vtg British Royal Navy Officer Dress Trousers Made in UK イギリス海軍 RN ドレストラウザース

Size:W28-L30 Price:¥26,000+tax

 

1958年製の、イギリス海軍の役員が着用していたとされるドレスウールトラウザース。着丈が短いジャケットとのセットアップウェアによる一本。上述の1枚より後年のヴィンテージミリタリーの1枚ですが、こちらはこちらで非常にスぺシャルな1枚です。

 

ミリタリートラウザースですが、こちらはイギリスのサヴィルロウを代表するテーラー、Gieves & Hawkes(ギーブス&ホークス)社生産の美しいシルエットとカッティングを誇るドレスパンツです。

 

 

Gieves&Hawkesはイギリスのスーツテーラートップブランドの一つ。こちらもイギリスモノが好きな方は多くの方が憧れるブランドではないでしょうか。

歴史を遡ること1887年、ジェームズ・ワトソン・ギーブ氏が父・ジョンのメレディスの事業を引き継いだジョセフガルトと提携し、設立したギーブスアンドカンパニーが大元です。実はGieves&Hawkesのビジネスはもともと英国陸軍と英国海軍のニーズに応える英国王室の連合によるものでした。つまりはミリタリーウェアOEMを担っていたんですね。

1912年からサヴィル・ロウ1番地に店舗をかまえていたホークスにギーブスが移る形で再スタートを切り、別々の業態として運営されていましたが1975年にギーブスとホークスが正式合併し、Gieves&Hawkesという社名となり現在に至ります。

 

 

ベルトループのないサスペンダーによる吊り下げで着用するこちらは、ウエスト位置をお腹部分まで引き上げて着用するため、股上も通常のパンツに比べ10cm深く取られてたハイウエストで着用する仕上がりです。

 

 
フロントはボタンフライフロント、サスペンダーで吊り上げるのを想定したピークアップしたバックスタイルが特徴的なウエストデザインと、

 

ひっくり返して個人的にはびっくりしたポイントなのですが、この裾部分、なんとハンドによるすくい縫いという非常に丁寧な作りこみが伺える逸品。

 

 

シルエットラインを保持させつつ、セットアップとして着用するジャケットで収納性を補填するため、サイドポケットなどは設けられておらず、ウエスト部分に小さなコインポケットが備え付けられています。

 

 

50年代のアイテムならではとも言える地厚のウールメルトンは、この時代のウールの品質の良さが伺えるほどの滑らかで素肌に通してもノンストレスの生地感と、非常に暖かく確かな保温性を兼ね備えます。太身ながらもセンタープレスがスラっと落ちるきれいなストレートシルエット。年代を加味しても、虫食いや目立つ汚れなどもない非常に綺麗なコンディションです。

 

サスペンダーで吊り下げる仕上がりのため、女性の方にもお選びいただけますよ。古着好きの方、おすすめです。

 

そしてお次も同ブリティッシュアーミーから風変りな一着を。

 

  

British Military BLUES & ROYALS ROYAL HORSE GUARDS CAPE イギリス軍 ロイヤルホースガード マント ケープ

Size:One size Price:¥18,000 +tax

 

1969年に、ロイヤル・ホースガーズと第1ロイヤル竜騎兵が統合されてブルーズ・アンド・ロイヤルズ(Blues and Royals)となったイギリス軍の騎兵連隊が纏うマントケープ。

 


このブルーズアンドロイヤルズは、王室騎兵連隊として装甲戦闘車両をもちいての装甲偵察を行う軍としての機能と、王室騎兵乗馬連隊としての儀仗兵として任務を行う、イギリス軍内に於いても長い歴史を持つ部隊の一つです。

 

  

式典の際に王室騎兵乗馬連隊が馬にのった際に軍服の上から羽織るために作られたこちらは、目の詰まった厚地のウールファブリックと、襟周りのレッドカラーが目を惹くイギリス軍のアイコニックカラーであるブラック(ダークネイビー)xレッドのコントラストが映える一品。

 

 

フロントのメタルlボタルはRHG 1st(ロイヤルホースガード 1st)と彫られた刻印ボタンが備わります。赤い襟部分にはフックチップが付き、首元部分だけ留めることで広がりのある着合わせもお楽しみいただけます。

 

 

裏生地にはケアラベルが付き、サイズ表記が書かれておりますが、実質フリーサイズといったところ。元来はメンズウェアとしての展開品ですが、ユニセックスとして女性の方にもご着用頂けます。

 

ちょっと個性的なファッションを楽しみたいという方、是非この機会にお試しください。

 

そして最後は最近に掲載が続いておりますマフラーアクセサリーを。

 

  

Used 60-70s Vintage Poly Wool Double Face Muffler Made in Italy ヴィンテージ マフラースカーフ

Size:142cm x 30cm Color:NAVY, RED ,BURGUNDY

 

60-70s製と思われる、イタリアのヴィンテージポリウールマフラー。ダブルフェイスの通り、ポリファブリックを採用した面と、ウールファブリックの両面で魅せ方を変えられるユニークなヴィンテージアイテム。

 

  

光沢のあるポリエステルファブリックの面にはペイズリーがプリントされたユーロアイテムらしいラグジュアリーな仕上がり。

 

カラバリは上記の様に3色のご用意があり、

 

 

イエローの小紋柄が映えるネイビーカラー、

 

 

こちらも小紋柄に仕上がったレッドカラーと、裏生地はグレートーン

 

 

そしてバーガンディにペイズリーの映える色合いと、裏生地がワインカラーのご用意です。それぞれに個体差があり、こちらのバーガンディは少しウール生地に毛玉などが見受けられますが着用には問題なくお使いいただけます。

全体的に年代を加味しても非常に綺麗なコンディションですね。

 

  

巻き方次第で両面を魅せるような使い方が出来たりと首回りにアクセントの効くスタイリングがお楽しみいただけるマフラーコレクション。ミドルレンジの長さと程よくい幅を備えた首回りのアクセサリーアイテムとして、ジャケットやコートスタイルから、スウェットシャツやニットアイテムとも相性良く、幅広いコーディネートに取り入れて頂けます。

 

こちらもユニセックスとして、男女問わずにお使いいただけます。

 

それではスタイリング。
 

 

Shirt:40 - 50s Vintage CC41 Wool Work Shirts Gray Made in England ¥22,000 +tax 

Patns:58s Vtg British Royal Navy Officer Dress Trousers Made in UK ¥26,000 +tax 

Shoes:Johnston & Murphy × Potter Shoes ¥43,000+Tax

 

169cm 60kgでシャツは肩が落ちるゆったりとしたシルエット。ワークシャツらしい雰囲気で着合わせられます。

メンズのM~Lサイズとしてご紹介しておりますが、このシャツアイテム、パターニングが非常に綺麗に仕上がっておりワンサイズアップでもオーバーサイズを感じさせない綺麗なシルエットを演出します。

そして一緒に合わせているトラウザース、ウエストはかなりきついので僕が履けるサイズではないのですが、シルエットが太過ぎず細すぎない、絶妙なバランスのストレートラインを備えます。

 

  

Trousers:58s Vtg British Royal Navy Officer Dress Trousers Made in UK ¥26,000 +tax 

Knit:John Smedley Turtle Roll Neck Knit RED ¥19,000 +tax 

Braces:50s Royal Air Force RAF ¥5,600 +tax

Shoes:Johnston & Murphy × Potter Shoes ¥43,000+Tax

 

サスペンダーと合わせての、トラウザースをメインとしたスタイリングです。股上を考慮するとこれくらいにハイウエストで履き合わせるアイテムなのですが、W28くらいのサイズ感ですね。細身の男性の方、または女性の方に着ていただきたい一本です。

しかしながらウエストはキツイながらもワタリから裾にかけての美しいシルエットはお分かりいただけるかと。

サイズが合う方、是非ご参考ください。

 

  

Outer:British Military BLUES & ROYALS ROYAL HORSE GUARDS CAPE ¥18,000 +Tax

Knit:Johnstons Vneck Green¥22,000 +tax 

Pants:70-80s Swedish Army Trousers Made in Sweden ¥8,500 +TAx

Shoes: Tricker's Kelmscott Two Tone Brouge Boots Made in UK ¥60,000 +Tax

 

特徴的なシルエットを演出するマントケープを取り入れたスタイリング。裾周りが末広がりとなり個性的なコーディネートをお楽しみ頂けます。合わせているパンツはまだご紹介していないスウェーデン軍のヴィンテージからの一本ですが、もう少し太身のパンツの方がバランスが良いかもしれませんね。

独特なアイテムこそに、自由な着合わせを模索していただきたいと思います。女性の方ならばマキシスカートとかと合わせると可愛いと思います。ご参考ください。

 

そして最後にご案内させていただきますのは

 

年始初売りとなります4日より、当店より新たに日本初取り扱いとなりますブランドをご紹介させていただきます。

スコットランドより、2016年スタートの新進気鋭ブランド "HAAR SCOTLAND"。

デザイナーのJessica(ジェシカ)と Darren(ダレン)の厚意の元取り扱いがスタート致します。当店におきましては他ブランドと同じくして力を入れてご紹介してまいります。こちらも是非お楽しみに。

 

※お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のヴィンテージ・ミリタリー取り扱いセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Used, Vintage | 04:33 | comments(0) | - |
JOHN SMEDLEY ALPACA & VISCOSE & Extra Fine Merno WOOL Muffler & Women's Cardigan Cape collections ジョンスメドレー

メリークリスマス!

 

ということでクリスマス当日のBLOG更新となりました。年末ということで忘年会で都内に出向いた際にDENTSの手袋を落としてテンション駄々下がっております。こんなよろしくない年末を過ごすことになろうとは…めちゃくちゃ恨んでます、先日の自分を(笑

さて、まもなく年の瀬。まずは当店の営業日のご案内から。

 

■12月

28日土曜日:通常営業(21時まで)

29日日曜日:年内最終営業日(18時まで)

30日〜31日:休業

 

■1月

1日〜3日:休業

4日:通常営業開始(21時まで)

 

本年は上記スケジュールとなります。オンラインストアの配送につきまして、休業期間中はお休みとさせて頂き、明け4日から順次配送お手配となります。何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

さて冒頭でお話をさせて頂きました、不幸な目(自業自得ですがw)に合っている僕ですが、当店のBLOGをご覧いただく方々と、本格的な冬場となる1月2月に備えての小物をお探しの方にこちらのブランドから面白いアイテムをご紹介いたします。

 

John Smedley
イギリスのダービーシャー州マトロックにて1784年に創業。ウールとコットンの天然素材のみを用いて作られるコレクションは、長きに渡る歴史と伝統技術のさえ渡る唯一無二のニットウェアです。ジョンスメドレーのウールニットは全てニュージーランド・メリノウールという、羊の一頭一頭に名前をつけて飼育する程の、徹底した管理体制の羊から採取される自社生産ウールを用いています。

それらの羊から採取されるメリノウールは”クリンプ”と呼ばれるうねりを持った繊維として、弾力性、伸縮性、柔軟性に富み、なめらかな肌触りと保温性を備えます。

現エリザベス 2世女王が愛用され、2013年に王室御用達の証であるロイヤルワラントを下賜されました。

 

先日もプルオーバーニット類をご紹介しましたジョンスメドレーより、今回はマフラーコレクションとそして非常に変わった当店らしいモデルのご紹介です。

 

 

John Smedley Storm Alpaca Viscose Muffler Made in UK ジョンスメドレー アルパカ ウール ストール マフラー

Color:Green、Bronze、Navy、Black Price:¥15,000+Tax

 

64%ビスコース、30%アルパカ、6%極細メリノウールの絶妙なブレンドで作られたストールマフラーモデル"Storm"。

 

 

アルパカウールを採用したモヘアのような独特な毛足の演出と、柔らかくしなやかな肌触りをまとったビスコース、として保温性を兼ね備えた極細のメリノウールのそれぞれの特徴が生かされたスメドレーのアクセサリーコレクション。

 

光の当たり具合によって反射する色合い、色使いと、リブ編みの織り模様がアクセントに映え、スメドレーでは珍しいローゲージの編み込みは、厚みのある確かな保温性と首周りに程よいボリューム感を演出します。

 

ユニセックスとして、男女問わずにお使いいただけます。

 

こちらのマフラーコレクション、今回は4色のカラバリのご用意がございまして、

 

 

 

茶色…ではなく光沢感が合わさった、なんとブロンズカラー。ブロンズカラーのマフラーって、僕も初めて味わう一枚になりますね(笑

 

 

アルパカとレーヨン、どちらにこんな光沢感のある糸を採用しているかはわかりませんが、独特な風合いを兼ね備えた一枚と言えますね。合わせ方としてはライトベージュ、パープル系統のアイテムと組み合わせると雰囲気のあるコーディネートを楽しんでいただけると思います。

 

 

こちらはネイビーカラー。一枚目にご紹介したモノと似てはおりますが、あちらはグリーンカラーなので、ちょっと紛らわしいかもしれませんね…。

 

比較してみても

 

 

1枚目がネイビーで2枚目がグリーンカラー。写真だとなかなか見分けが付きにくい…(笑

しかしながら普段通りのネイビーの色感覚でお選びいただければ問題なく合わせて頂けます。

 

 

そして最後は安定のブラック。それぞれのカラーリングを見ると繊維の発色を生かしたカラーバリエーションが多い中でこうしたブラックの展開というのもベーシックながらも面白いアプローチと思います。

 

ブラックにも光の当たり具合で光沢感を生み出す表情を持ち合わせています。少し変わったブラックマフラーを、是非この機会に。

 

そしてお次は非常にスペシャルな一枚を。

 

 

John Smedley Knitted Cape Cardigan Jacket ADA Made in UK ジョンスメドレー カーディガン ジャケット

Color:Green Price:¥42,000+Tax

 

上記マフラーと同じ配合率のファブリックを用いた、贅沢な仕上がりのカーディガンケープジャケットモデル"ADA"。

 

こちらのアイテムの特徴を色々調べていた際に発覚したのですが、マフラーとこちらのケープコレクションは、スメドレーでは珍しい5ゲージのローゲージによる編み込みで仕上がっています。

形が形なだけに、着用したイメージが付きにくいかもしれないので…

 

 

公式サイトから拝借した着用画像がこちら。めちゃくちゃカワイイんですこのシルエットとバランスともどもに。

たっぷりとした生地感とニットのドレープ感がたまりませんね。

 

 

細かく見て生きますと、このウエストベルトによって腰回りの絞り上げと袖周りを構成する一体型のアウターウェアとなっています。存在感がありつつもスメドレーならではの上質なニットの肌触りをお楽しみ頂けます。

 

 

 

マフラーの1枚目でご紹介したグリーンカラーと全く同じ生地の仕上がりです。そのため合わせて纏っていただくと、セットアップのように使いいただけます。

 

バックシルエットの写真では、ハンガーにかけているのでテンションがかかってのリブの広がりが見受けられますが、実際にはもっと密度のある着回しとなります。

 

ちなみにこちら。色々と詳細を探ってみたらば、

 

昨年シーズンのコレクションというのが判明したのと、加えて国内での販売価格が掲載した画像が出てきました。

 

スメドレーの中でもとりわけハイプライス帯になるリテールだったんですね…。ご興味頂けた方、非常にお買い得品となっておりますのでこの機会をお見逃しなく。

 

そして最後にご紹介しますのは

 

 

John Smedley FAHRENHEIT In Knit CAP Made in the UK ジョンスメドレー ニットキャップ ビーニー

Color:Khaki Price:¥7,900+Tax

 

ジョンスメドレーより最高級のエクストラファインメリノウールを用いた、上品な光沢感を備えるニットキャップ。写真ではダークグレーに見えますが、実際にはオリーブ(カーキ)正しい色合いです。

 

 

伝統的でありながらもスタンダードさを兼ね備えたニット帽のコレクションは、暖かさはもちろんに、快適な被り心地、柔らかい肌触りを実現するためにエクストラファインメリノウールを巧みに織って作られたワンモデル。

24ハイゲージで織られた密度の高い繊細な仕上がりは、長時間の着用でもストレスを感じることなくご着用頂けます。

 

 

Muffler:John Smedley Storm Alpaca Viscose Muffler Made in UK ¥15,000 +tax 

Knit;John Smedley Knitted Cape Cardigan Jacket ADA Made in UK ¥42,000 +tax 

Tops:Psych London Turtle Neck Long Sleeve T Made in UK ¥5,900 +tax

SKirt:80s Vintage Rayon Floral design Skirt Made in USA ¥9,500 +Tax

 

トルソーに着合わせたスタイリングのご紹介です。フロントをクローズした着合わせとなると、公式の着用写真とはまた一味違った雰囲気にとなりますね。

上半身が変形でもあり、ボリューム感のあるシルエットのバランスですが、ボトムスもなぞらえて広がりのあるスカートやワイドパンツなど好相性と思います。

 

イギリスのニットブランドと言えば代表的なジョンスメドレーから、非常に当店らしいユーモアのあるコレクションのご紹介でした。ますます冷え込みが本格的となるこれからの時期に是非お試しください。

 

※お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポート・ヴィンテージセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Knit, Sweater | 20:36 | comments(0) | - |
New Arrival!:BEE Outerwear Handmade In London Signature Waxed, Corduroy, Canvas Jacket ビーアウターウェア ワックス シグネイチャー & コーディロイ & キャンバスジャケット

こんばんわ。本日は、めちゃくちゃに頑張ってオンラインストア、そしてBLOGを書いております。

といいますのも、当店にて今冬大好評をいただいておりますイギリスブランドのコチラの新商品が到着いたしました!

 

 

Bee Outerwear

2012年、Ben Craneがスタートしたロンドン発のハンドメイドウェアブランド。自転車を利用することが多いロンドンにて、市場のサイクルウェアの機能性や市場価格に疑問を抱いた彼は、自身の納得のいくサイクリングウェアブランドを立ち上げました。

発足から様々なプロダクトを作っていくにつれ、サイクリングだけでなくストリートウェアとしてもアプローチをするようになり現在のブランドラインナップへと至ります。その背景にはヴィンテージやミリタリーといった、伝統性と機能性を備えるイギリスならではのエッセンスが織り込まれています。
”デザインだけでなく着続けていく中で衣類としての性能と機能美に、段々と気付けてもらえるたら嬉しい”とBENのメッセージ性も込められています。

 

昨今、徐々に当店にご来店いただくお客様、そしてBLOGをご覧いただいておりますお客様がに周知していただいているかと思います、ロンドン発のクラフトマンシップ溢れるブランドBee Outerwear。こちらより、つい先日仕上がった今冬のニューコレクションが到着致しました。

 

早くにご紹介したいと言いますのも、こうしてオンラインに乗せる前から既にもう2枚お手に取って頂き、今冬は非常にBEEのコレクションを多くの方にご購入いただいておりますこと、本当にうれしく思います。

 

それではご覧ください。

 

  

BEE Outerwear Waxed Signature Jacket Made in UK ビーアウターウェア ワックスコットン フーディジャケット

Size:S、M SOLD、L Price:¥39,500 +tax


ブランド発足当時より、BEEOuterwearのアイコニックデザインを飾る”シグネイチャージャケット”モデル。以前にも当店にてご用意しておりましたが、前回はウールファブリックのところ今作は全面にドライワックドコットンを採用した、非常にBabourライクなジャケットとしてのアプローチとなります。

そして本日にMサイズがSOLDとなりまして、モロオカさん、本当にいつもありがとうございます!自転車と一緒にコレ来てサイクリングを楽しんでください!汗だくでしょうけども(笑

 

  

表地にはイギリスを代表する生地メーカー、MILLERAIN社製のドライワックスコットンを採用した防水性と防風性に富んだ仕上がりに。このミラーレン社、マンチェスターに位置するワックドコットンのファブリックの生産メーカーとして非常に名の知れたメーカですが、現在はBarbourには卸していないのだそう。しかしながら、こうしたBeeであったり、他にもワックドジャケットを専門に手掛けるブランドに供給しているみたいですね。

 

  

そして一番に目を惹くのが、この裏地にあてがわられたネイティブ柄のブランケットフリース仕様。高い保温性を持ち合わせたスぺシャルモデルとなっておりますこちら、めちゃくちゃ暖かいです。

 

 

ダウン程ではありませんが、BARBOURをお持ちの方ならば、かゆいところに手が届くような暖かさ、といえばお分かりいただけるかと思います(笑)ライニングファーでは暑すぎてライナーなしだと半端に冷たい、そんなBarbourに比べては非常に有用性に長けた1着と言えます。

 

 

ブラックのワックス生地合わせたマットブラックのスナップボタン、脇下にはリングホールによるベンチレーション仕様、

そしてフラップどハンドウォームを兼ねた細やかなポケットディティールなどなど、細部を見ることで非常に高い完成度を誇るアウターコレクション。雨天時にも傘を必要としない着回しが出来る質実剛健の作り込みです。

 

 
ポケットはトータルで9つ備わっており、フロントには胸部分に2つと下部のメインポケットは、2重構造にすることでフラップタイプにしたサイドからの出し入れが出来る6つの収納性を持ち合わせます。裏側にも2ポケットを備え、貴重品の収納にも困らない仕様です。

 

今冬の秋冬シーズンは爆発的なヴィンテージバブアーブームが到来している真っ最中ですが、どうしても人とは被りたくないモノを選びたいという方、それでいてイギリスのトラディショナルな作りこみと機能性を感じたい、という自他共に認めるワガママさを持ち合わせる方には、これ以上なく打って付けな一枚かと思います(笑

 

お次はミドルアウターとして最適なコレクション。

 

 

  

BEE Outerwear Canvas Overshirt Jacket Stone Made in UK ビーアウターウェア キャンバス シャツジャケット

Size:S、M、L Price:¥25,000 +tax

 

ストーンカラーのキャンバス生地を採用したシャツジャケットアウター。フロントに配置されたメタルスナップボタンの仕上がりを見ると思い当たる方もいらっしゃるかと思います、こちらはLevi'sやLEEのデニムジャケットがモチーフデザインとなっています。しかしながら色合いも手伝ってか、どちらかというとPointerやCarhartなんかを連想させますね。

 

BEE Outerwearの中でもリミテッドラインとなるこちらは、生産枚数が15枚しかない限定ラインナップ。デザイナーのBENより限られたストックの内から当店在庫分をご用意していただきました。目の詰まったコットンキャンバスを採用した、シンプルなデザインながらも上品な雰囲気を纏った一着。

 

 

採用している生地は1869年、マンチェスターのM.Chapmansによって創立された家族経営のファブリックメーカー、The CHAPMAN Group of Companies社製のキャンバス生地を採用。同社はイギリスの生地メーカーとして有名なBrisbane Mossの兄弟会社でもあります。18世紀中頃からはじまった産業革命により、イギリスではマンチェスターで様々な織り生地大量生産されるようになりThe CHAPMAN Groupもそのうちの一つを担っていました。コーデュロイの元名(イギリス国内にて)である「マンチェスターファブリック」が人気を博し、同社はモールスキン、綿ベースの織物の生地開発に力を入れ今日に至るまで伝統性を生かしたファブリックを作り続けています。

 

 

襟元に限らず、フロントのカードポケット部分、そしてバックのフック部分にあしらわれたサテンコットン生地とストーンカラーによるコントラストがアクセントとして映える、BEEOUTERWEARのデザインセンスが盛り込まれたコレクションです。

 

フロントのスナップボタンにはイタリアの高級ボタンブランドであるPrym Original社のスナップが採用され、手軽にバチっと脱着が可能です。

 

  

収納力は胸のフラップポケット2か所と、お腹周りにはハンドウォームポケットが2か所、さらに内側にもインサイドポケット+ペンポケットが設けられ、ミドルアウターながらも様々なアイテムの持ち運びが可能です。また左前身頃の裏面には今シーズンのスペシャルディティールとしてワッペンがあしらわれ、ちらりと見える仕上がりに。

 

アメリカンワークなテイストですが、やはりヨーロッパの空気感を感じさせる逸品。めちゃくちゃカッコイイです…。

そしてこれと同様の型でクレイジーパターンに仕上がったのが、

 

  

BEE Outerwear Corduroy Patchwork Shirt Jacket Made in UK ビーアウターウェア コーデュロイ ジャケット

Size:S、MSOLD、L Price:¥26,000 +tax

 

ネイビートーンのコーデュロイ生地をパッチワークに采配したシャツジャケットアウター。こちらのデザインを見ると、より一層デニムジャケットらしさがお分かり頂けるかと思います。が、それでもBEEらしい雰囲気も健在。抜群の存在感ですね。

こちらも本日にMサイズをお手に取って頂きました。サクマさん、スイッチを手放してまでこちらをお手に取って頂くほどの英断、誠にありがとうございます…!笑

これでBENがスイッチ欲しがってたらかなり面白いオチの話ですね(笑)

 

 

 

太畝のコーデュロイは独特な光沢感を備えラグジュアリーな雰囲気を纏います。パッチワークを生かしたディティールが各所に詰まっており、フロントにはイエロー生地のカードポケット、バックにコーデュロイフックが備わります。

 

  

  

各部分にディティールを見ると、上記のキャンバスジャケットと同様ですが、ネイビーコーデュロイになっただけでこんなにも雰囲気が変わります。なによりもクレイジーパターンというファブリックも手伝って、非常にアーバンな印象にまとまっていますね。

 

 

ファブリックはもちろんキャンバス同様に、The CHAPMAN Group of Companies社製。そして一味違うポイントとなるのが、左前身にあるワッペンがとてもかわいらしい鳥のワッペンになります。こういったアクセントを効かせてくるあたり、BEE Outerwearのユーモアが取り入れられていますね。

 

そして最後は小物アイテムのご用意。

 

  

BEE Outerwear Merino Wool Beanie Made in USA ビーアウターウェア ウール ビーニー ニットキャップ

Color:Light Gray, OLIVE Price:¥6,500 

 

BEE Outerwearよりメリノウールを採用したニットビーニーキャップ。

 

 

 

非常に柔らかく、繊維の細いメリノウールを用いたビーニーキャップは、被った際のフィット感も程よく保温性もばっちり。今時期にまさに最適な一着ではないでしょうか。

 

 

「ハチのように飛ぶ」フィッシングのフライが刺繍としてあしらわれています。この刺繍も非常にいい風合いですね。おすすめです。

 

それではスタイリング。

 

  

Jacket:BEE Outerwear Waxed Signature Jacket Made in UK ¥39,500 +tax  Sサイズ着用

Shirts:Grove & Co Rounded Collar B.D. Shirts NAVY Made in UK ¥21,000 +tax 

Pants:19AW Ark Air Combat Field Trousers KHAKI Made in UK ¥26,000 +Tax  

Shoes : The old curiosity xSanders ¥60,000 +Tax

 

169cm 60kg(普段メンズのSサイズを着用)でワックスドシグネイチャージャケットのSサイズを着用しています。フリースブランケットの総張りこそに着ぶくれる具合があるかと思いきや、しゅっとしたアームホールの細さも際立って非常にバランスのいい、上品なシルエットラインを描いてくれますね。インナーには先日ご紹介しましたGrove & coのネイビーシャツを取り入れたブリティッシュカジュアルを。

身幅周りには全然ゆとりがあり、シャツの上からスウェット、ニットアイテムも着込めますね。

 

こちらがフロントを閉じたスタイリングです。マウンテンパーカーライクにいい野暮ったさを演出してくれます。オイルドコットンですがBarbourとはまた一味違ったカジュアルさが魅力な一枚。是非お試しください。

 

  

Jacket:BEE Outerwear Canvas Overshirt Jacket Stone Made in UK ¥25,000 +tax Mサイズ着用

Shirts:Grove & Co Rounded Collar B.D. Shirts NAVY Made in UK ¥21,000 +tax 

Pants:19AW Ark Air Combat Field Trousers KHAKI Made in UK ¥26,000 +Tax  

Shoes : The old curiosity xSanders ¥60,000 +Tax

 

こちらはキャンバスジャケットのMサイズを着用しています。僕が着ると気持ち程よいゆとりの出る1サイズオーバーといったところ。もちろん上記シグネイチャージャケット同様にインナーへの着込む余裕があり、アランニットなども用意に取り入れられます。

 

 

フロントを閉じたスタイリング。上述にもありますがまさにCarhartやDickiesといったアメリカンワークジャケットが、見事にブリティッシュモダンに昇華されたデザインです。どちらも好きな僕としてはたまりません。

 

  

Jacket:BEE Outerwear Corduroy Patchwork Shirt Jacket Made in UK ¥26,000 +tax Sサイズを着用

Shirts:Grove & Co Rounded Collar B.D. Shirts NAVY Made in UK ¥21,000 +tax 

Pants:19AW Ark Air Combat Field Trousers KHAKI Made in UK ¥26,000 +Tax  

Shoes : The old curiosity xSanders ¥60,000 +Tax

 

コーデュロイジャケットはSサイズを着用しています。サイジング、パターニングはキャンバスジャケットと同じくのためキャンバスタイプもSサイズを着るとシルエットの出方はこちらと同じような雰囲気になります。

169cm 60kgでは程よく細身に、けれどもスリム過ぎないまさに適正サイズ。バックスタイルでもお分かりの通り、光に当たった際の光沢感が抜群の表情を持ち合わせます。

 

フロントを閉じるとフラットな印象に。今時期ならば上からダウンジャケット/ベスト、ウールコートなどを羽織ってライニングからちらっと魅せるコーディネートなど、粋ではないでしょうか。是非ご参考ください。

 

ちょっとした余談ですが。シグネイチャージャケットをお手に取って頂いたお客様からおしえて頂いたこちらのBLOGにてBEE Outerwearをほんのすこしご紹介していただきました。

上野にあるFreeportさん。先日お伺いさせていただき、インスタのストーリーでもご紹介させていただいておりました。

(※写真ではなくストーリー様に動画ばかり撮っていたため写真がありませんでした、すみません。是非東京に御用のある方はお立ち寄りください)

 

藤島さん、いつもいつもにありがとうございます。是非またお時間のある際にお立ち寄りください。

 

※お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市セレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Jacket, Coat | 17:46 | comments(0) | - |
<< | 2/92PAGES | >>