CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
温故知新 2周年 & New Arrival Banton Frame works Eyewear "One Three" Handmade in Scotland バントンフレームワークス 眼鏡 ハンドメイド イン スコットランド

こんにちわ。まずは告知とご挨拶より。

 

本日9月19日をもちまして当店温故知新は2周年を迎えました。

当店をご愛顧いただいております、皆様の温かい御厚情の賜物と心より深く御礼申し上げます。お客様としてご来店頂いた皆様方と、そして多くの友人達の励ましにより3年目を迎えさせていただきました。改めてお礼申し上げます。

 

そしてinstagramでもご挨拶をさせて頂いておりましたが改めて当ブログからもご案内させて頂きます。
当店をご愛顧くださるお客様方へ、ささやかなお気持ちとして、9月23日 日曜日に周年記念パーティを開催する運びとなりました。

 


常々に当店との相互サポートを行っております DJ foomin 、そしてDMC入賞者の JP gunnz の有志による、DJ playをBGMに、当店内でご歓談いただけるささやかなパーティイベントを予定しております。


御多用の折、誠に恐縮でございますが、是非とも御参加くださいますようお願い申し上げます
皆様の御来場を心よりお待ちしております。

 

それでは商品紹介を。先日のスメドレーに加わり、秋冬アイテムが入荷して参りました。

本日は、今夏より取り扱いスタートとなりましたアイウェアブランドのご紹介です。

 

Banton Frameworks

スコットランドはグラスゴーにて、 Banton Loch (バントン・ロック)という湖のほとりに工房を設け2012年からスタートした Jamie(ジェイミー)とLucy(ルーシー)の2名によるハンドメイド一貫生産によるアイウェアブランド。

デザインと製造、どちらにも情熱を持ち合わせていた彼らは、有機的に成長したユニ・プロダクトである”アイウェア”という分野において昨今はイギリス国内生産品が非常に少ないことから、ブランドプロジェクトをスタートしました。
ヴィンテージの研磨機を用いてフレームを一本一本削り出し制作を行う様は、一つ一つが作品と呼ぶに相応しいコレクションを手掛けています。

 

夏季にはサングラスアイテムをご紹介しましたが、今期より眼鏡ラインアップが入荷致しました。

 

Banton Frameworks "Onethree" C Totrois Handmade in Scotland バントンフレームワークス 眼鏡 べっ甲

¥25,000 Tax in ¥27,000

レンズ幅:13.6cm レンズ高:4.4cm レンズ間(ノーズパッド):2.2cm テンプル長さ:13.6cm

 

オーセンティックなアイウェアを手掛けるBanton Frameworksのアイウェアラインアップ”One Three”。
このモデルの名称ですが、非常に奥深いストーリーを持ち合わせております。

 

かつて英国の眼鏡産業は1000を超える工場から、年間500万本の眼鏡フレームを生産していましたが、今ではほんの一握りの工場しか残っておりません今日、英国では約3500万人の成人の眼鏡着用者がおり、その内、年間に平均1500万人が新しい眼鏡を購入しています。

もし、これらの人々の内3人に1人(ワンスリー)が英国製の眼鏡を購入した場合、私達の業界は年間で500万本のフレームを生産していることになります。Banton Frame Worksを通してイギリスが誇る眼鏡産業をもう一度取り戻していくという想いから、One Threeと名付けた、という背景を備えます。

 

丸みを帯びたクラシックなデザインのType-C。 ユニセックスなラウンドスタイルは、角張った輪郭の方へ柔らかい印象を備えるフレームの形状です。 丸みを帯びたディティールは、顎と骨構造のバランスをとるに適しています。

 

また今回のワンスリーからアジアンフィットという、幅とノーズの高さがアジア人向けに修正されたサイズ感になりました。

これにより、着用してもよりストレスのない、ほどよいフィット感です。


素材はサングラスモデルのProfileと同じく、イタリア製の高級アセテートプレートをヴィンテージマシンから一点一点手作業により丁寧に削り出しを行い、全体を回転研磨することによってサテンマットの質感に仕上げています。


テンプル・アーム部分のそれぞれは低アレルギー性の素材を採用し、接着面から身体への負荷のかからない安全性を持ち合わせています。5つのバレルヒンジはステンレス製のリベットによる固定処理が成されており、着脱の際のテンプルの動かしやすさと、しっかりとしたホールド感を兼ね備えています。

 

オーセンティックさを備えたフレームデザインは、ゆく先々においてもそのシルエットは変わることなく、時代に囚われずタイムレスにご着用頂けます。

 

そしてこのType-Cのカラバリとして

 


Banton Frameworks "Onethree" C BLACK Handmade in Scotland バントンフレームワークス 眼鏡 ブラック

¥25,000 Tax in ¥27,000

レンズ幅:13.6cm レンズ高:4.4cm レンズ間(ノーズパッド):2.2cm テンプル長さ:13.6cm

 

定番のブラックカラーをご用意。しかしながらブラックとは言ってもマットな質感なので、実質チャコールブラック、という表現がしっくりくるような気がしますね。限りなくブラックに近い深みのあるダークグレー、そんな印象を抱かせます。

 

べっ甲カラーと比べるとやはりブラックトーンということもあり、より一層落ち着いた雰囲気を持ち合わせます。上述にもありますがType Cは小振りな仕上がりなので男女問わずにお使い頂ける、というのもポイントですよ。

 

テンプルがメタル素材のため素材特有の重厚感を感じさせます。ミニマルな雰囲気からも様々なファッションスタイルに合わせて頂けるのではないでしょうか。

 

つづいては別モデルからの一本。

 

Banton Frameworks "Onethree" D Totroise Handmade in Scotland バントンフレームワークス 眼鏡 べっ甲

¥25,000 Tax in ¥27,000

レンズ幅:13.6cm レンズ高:4.5cm レンズ間(ノーズパッド):2.3cm テンプル長さ:13.6cm

 

最も丸みを帯びたモデルとなるType-D。クラシカルな雰囲気を備えたこちらは、顔全体が見えつつ細身の輪郭の方に最適なフレームデザインとして設計されています。

 

丸眼鏡ほどの曲線ではありませんが、Type - Cに比べるとレンズ部分の高さも1mmほど高く、眼鏡としての面積も広いため、柔らかい印象を与えます。

 

普段クラシカルな、ヴィンテージウェアを選ぶ方には特にマッチングしてくれるのではないでしょうか。

 

そして最後にこちら

 

Banton Frameworks "Onethree" F Totroise Handmade in Scotland バントンフレームワークス 眼鏡

¥25,000 Tax in ¥27,000

レンズ幅:13.6cm レンズ高:4.4cm レンズ間(ノーズパッド):2.2cm テンプル長さ:13.6cm

 

コンパクトなデザインの仕上りとなるType-F。Banton Frame Worksの中では最も小さいフレームとなり、輪郭の中へ存在感を抑えたい方へ最適なスタイルです。
なめらかの曲線と琥珀色の素朴な風合いは、顔周りにさり気ないワンアクセントを飾ります。

 

細フレームという程ではありませんが、眼鏡をかけた折、目の周りに印象が強過ぎてしまい、「眼鏡をかけている感」が苦手な方にこそお選び頂きやすいデザインの1本と思います。

 

細長いデザインなのでType-C,Dに比べてフォーマルな雰囲気に仕上がっていますね。しかしながらべっ甲柄ならではの柔らかい色合いは、程よいカジュアルダウンに仕上がっているため、堅くなり過ぎずオン・オフどちらにでもご着用頂けます。

 

オンラインをご覧いただいている方々には申し訳ございませんが、掲載前にすでに2点ほどHOLDとさせて頂いているモデルもございます。新商品ということもあり、アイテムラインナップとしてご紹介を。

 

Banton Frameworks "Onethree" D Totrois Handmade in Scotland バントンフレームワークス 眼鏡 ブルー

HOLD

 

丸みを帯びたデザインのType-Dのカラーバリエーションとなるブルーカラー。フレームは上品なブルーネイビーに加えてテンプルがシルバーに仕上がった、透き通った印象にまとまった一本。写真に写るとどうしても光を透過してしまい青みが強いのですが、実物はもう少しブラックブルーという言い方が当てはまる深みのある色合いです。

個人的にもとても気に入ったモデルでして、来期は自分用の一本としてオーダーしたいですね。

 

Banton Frameworks "Onethree" E Totrois Handmade in Scotland バントンフレームワークス 眼鏡 べっ甲

HOLD

 

こちらは上記のどれにも当てはまってはおりません、Type-Eというスクエアモデル。よくよくにご来店頂いているお客様が、しっくりとくる黒ぶちの眼鏡がなかなか見つからず、この1本を着用してみたところ見事にご希望の一本に当てハマって頂けたとの事でした。

 

こういったきっかけから新気鋭のブランドを知って頂けることは、セレクトショップ冥利に尽きる次第です。ありがとうございました。

是非皆様もお気に入りの一本をお探しください。

 

※お支払いは、VISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※お支払いは、店舗、通販サイト共にVISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡くださいませ。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Accessory | 13:58 | comments(0) | - |
PROSAC ALWAYS SMILE BRACES & Leather pouch Bag Collection made in Italy プロザック サスペンダー&レザーポーチコレクション

こんにちわ。さて連日となりますがイタリアブランドPROSACから、本日は小物アイテムのご紹介です。

 

PROSAC ALWAYS SMILE

2013年よりスタートした、イタリアはフォリーニョを拠点とするMade in Italyのトータルウェアブランド。ディレクターであるLeonald(レオナルド)と友人との3名体制によって運営され、"イタリアの伝統的なモノづくりの良さを伝えていく"をコンセプトに徹底したクラフトマンシップによるコレクションを展開します。

当時彼らが経済学、心理学を学んでいた最中にトピックとしていた抗うつ剤のPROZACに着目。PRO”S”ACとスペルを変え、ラテン語で”利点”という意味を持つPROと、抗うつ剤の前向きな気持ちになるという二つの意味を掛け合わせ、Leoのモットーである"ALWAYSMILE = 常に笑顔を"としてPROSAC ALWAYS SMILEと名付けました。
ヴィンテージ、ヘリテージウェアの古き良きモノづくりへ敬意を払い、Leo自身の哲学をミックスしたアイテム展開しています。

”しばしば過去を遡り思いを馳せながらも、私たちは常に未来を考えています。創造的、そして革新的なコレクションを生み出すためにこそ、クラシカルと過去の手作りの技術を自分たちのブランドに反映し昇華しています。"と語ります。

 

Prosac Always Smile Checked Suspenders Braces Handmade in Italy プロザック サスペンダー

Size:Onesize ¥8,500 Tax in ¥9,180 ストラップ長さ:86cm (+30cm間の調整可能)

 

男性のファッションスタイルに於いて、クラシカルな装いに欠かせないアイコニックなアイテムであるサスペンダーを、Prosac Always Smileの解釈によってアレンジ・カスタマイズされたコレクション。厳選したイタリアンコットン生地を用いて、Prosacのアクセサリー生産を請け負う職人のハンドメイドによって作られた一品。

 

2.5cm幅の細身に仕立てられたループベルトは、柄模様が主張し過ぎずシャープな印象に。円形の留めクリップはオーバーオールなどで見受けられるサロペットカラビナを踏襲した、デザイン性の高いクリップアイテムを採用。 サスペンダーボタンが付かないパンツに合わせることが出来るため、フレキシブルにお使い頂けます。

 

背面のY字には三角形のデニムファブリックと、Prosac Always smileとレーザー刻印が施された刻印ボタンが縫い付けられた、アクセントの映える仕上がりです。

 

こちらのアイテムは勿論パターンバリエーションのご用意がございます。

 

Prosac Always Smile JPN cotton Suspenders Braces Handmade in Italy プロザック サスペンダー

Size:Onesize ¥8,500 Tax in ¥9,180

 

アジアンテイストな雰囲気を持ち合わせたこちらは、ご思惑のとおり日本製のファブリックを用いたコレクションとなる一品。レオナルドがロンドンに訪れた際に生地の風合いを気に入って購入してきたのだそうです。それらがイタリアに持ち替えられ、巡り巡って最終的に日本で販売されているというのも非常に面白い巡り合わせと思います。

 

前述のチェック模様とはまた打って変わって、エスニックな雰囲気を持ち合わせつつも、例えばETROのようなラグジュアリー感も漂ったドレスカジュアルという言葉がぴたりと当てはまる一品。

デニム、白パン、軍パン、ショーツ、なんにでもマッチングしてくれます。

 

そして同じく日本製の生地が用いられたこんなデザインも。

 

Prosac Always Smile Blue Dye Suspenders Braces Handmade in Italy プロザック サスペンダー

Size:Onesize ¥8,500 Tax in ¥9,180 ストラップ長さ:86cm (+30cm間の調整可能)

 

タイダイ染めのようなムラ感を備えた、水色とネイビーのコントラストが映える一本。

 

テキスタイルが違うことで、ディティールは同じでも個性的な表情が出ていますね。こちらのブルーカラーは一層夏らしく、ホワイトカラーのパンツや、シャンブレー、ショーツアイテムと合わせると楽しくなりそうです。

 

そしてサスペンダーとは打って変わって、小物アイテムからはこんな利便性豊かな一品も。

 

Prosac Always Smile Leather Pouch Bag BLACK Handmade in Italy プロザック イタリアンレザーポーチ

Size:Onesize 縦幅:21.5 cm 横幅:30.5 cm

 

ベジタブルタンニングレザーを用いた、Prosac Always Smileのアクセサリー生産を請け負う職人のハンドメイドによって制作されたレザーポーチ 。手作業によってカット・染色が施され、イタリアンレザーを用いた100% Made in Italyを謳われたコレクション。

 

シンプルな長方形のレザーポーチに、アイコニックなデザインであるPROSACの刻印ボタンがあしらわれたアクセントの映える逸品。蝋引きの糸で縫い合わされたボタンは普段使いでも外れることなくレザーとメタルボタンが美しい映え模様に。

 

ジップには1887年から続くイタリアのファスナーブランドLampo Zipを採用。滑りもよく、細部に渡ってイタリアンブランドをあしらうというPROSAC Always Smile のこだわり感じられる造りとなっています。

 

レザーの箇所箇所に細かなへこみ、傷などが見受けられますが制作中に伴うアタリとのことで、使い込んでいくことでより馴染み目立たなくなります。

 

このレザーバッグ含め、PROSACのレザーアイテムを紹介する動画が投稿されておりましたので、是非ご覧ください。

 

 

そして今回ご紹介致しました、サスペンダー、レザーポーチのそれぞれは、先日にご案内いたしました

 

Prosacオーダー会にてレオナルドよりその他のバリエーションも展示させて頂く予定です。その際、一部当店にて新しく取り扱うカラーもございますがこのオーダー会でしか見られないカラーも御座います。ご都合の合う方は是非お越しください。

 

ここからは補足となりますがデザイナーのレオナルドが来店した際、非常に興味深いお話を伺いまして。

現在のイタリアにおけるMade in italyと表記される品々は、そのうちの85%がイタリア製ではないというのです。衣料品に限らず食料品などについても、例えばスペイン、ギリシャ、中東地域などがで採れたものをイタリアで加工して販売したものがイタリア製とされたり、モノにっては容器がイタリア製で中身は別国、というものも多数に存在しているとのことでした。

 

ほぼブラックゾーンながらもグレーゾーンと思わせられるラベリング処理を嫌がった彼は、自身のブランドでは全てがイタリア製である誇りをもって打ち出せるイタリアンメイドのモノづくりを続けていく、気概を持ち合わせています。

 

是非PROSAC Always Smileの世界観をお楽しみください。

 

※お支払いは、VISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※お支払いは、店舗、通販サイト共にVISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡くださいませ。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

 

 

| Accessory | 14:53 | comments(0) | - |
John Smedley Tie Collection Made in England & Svenskt Tenn

こんにちわ。今週からいよいよ春の到来です。

一昨日まで寒くて着あわせられかった洋服も、本日を皮切りにを一気に楽しく着れる様になりますね。

 

そんな春先にも最適な小物として、本日はネクタイアイテムのご紹介。まずは当店でもご好評いただいておりますこのブランドから。

 

John Smedley
イギリスのダービーシャー州マトロックにて1784年に創業。ウールとコットンの天然素材のみを用いて作られるコレクションは、長きに渡る歴史と伝統技術のさえ渡る唯一無二のニットウェアです。ジョンスメドレーのウールニットは全てニュージーランド・メリノウールという、羊の一頭一頭に名前をつけて飼育する程の、徹底した管理体制の羊から採取される自社生産ウールを用いています。

それらの羊から採取されるメリノウールは”クリンプ”と呼ばれるうねりを持った繊維として、弾力性、伸縮性、柔軟性に富み、なめらかな肌触りと保温性を備えます。

現エリザベス 2世女王が愛用され、2013年に王室御用達の証であるロイヤルワラントを下賜されました。

 

John Smedley FLINT Knit Tie Made in England ジョンスメドレー ニットタイ

Charcoal Gray 表記:OneSize 全長:150cm 最大剣幅:5cm

 

ジョンスメドレーの定番、ニュージーランドメリノウールで仕上げたニットタイライン"FLINT"。Straight Bottom Tieという正規名称のこちらは、長方形型にすらっと落ちる首元をドレッシーな印象でまとめてあげてくれるタイアイテムです。

 

ウール素材特有の柔らかな印象で仕上がったニットタイは、心地よい締め心地とキメ細やかなウールの光沢がカジュアルながらもラグジュアリーな首元を演出します。
 

ビジネス、フォーマルシーンに問わず、カジュアルシーンでもお使い頂けるフレキシブルな逸品。スーツに限らずブレザーやカジュアルなセットアップにもお使い頂けます。

 

ブラックではなくチャコールグレーの程よいシックなまとまりの一本。フォーマルにレギュラーカラーにも合わせて頂けますが、カジュアルにオックスフォード生地に合わせても様になりますね。ベージュのリネンジャケットなどと合わせてはいかがでしょうか。

 

そして最初の写真の通り、こちらはカラバリのご用意もありまして。
 

BEIGE 表記:OneSize 全長:160cm 最大剣幅:5cm

 

ナチュラルな風合いのベージュカラー。ネクタイとしてもなかなか見かけないカラーリングと思います。ちなみに先ほどのチャコールグレーのみ長さが150cm。こちらは160cmとなりますが、いざ付けてみると正直違いはあまりないですね…。
 

天竺のように織模様が浮き出されたシンプルながらもアクセントが映える綺麗な一本。白シャツに挿しても上品ですし、デニムシャツやミリタリーシャツに合わせても好相性です。アウターにはブレザーやインナーダウンなんて面白いのではないでしょうか。

 

そして3色目。
 

OFF-WHITE 表記:OneSize 全長:160cm 最大剣幅:5cm

 

パーティー用にも最適なホワイトタイ。白タイのイメージはそれこそ結婚式などが思い浮かびやすいですが、紺ブレ、ネイビーのピンストライプスーツ、秋口にはブラウンのツイードなどなど、カジュアルな装いにも合わせやすいアイテムです。

 

今回の写真ではわかりやすさを元に、白シャツに統一してご紹介しておりますが、着合わせ方も見せ方も個々で楽しんで頂ける逸品かと思います。白のオックスに白タイ、デニムジャケット、なんて面白そうですね。
 

シンプルなジョン・スメドレーとは打って変わって、実は当店ではこんな可愛らしいネクタイも取り揃えておりました。
 

Svenskt Tenn Linen Neck Tie Elefant Textile スヴェンスクテン リネンネクタイ ハンドメイド

表記:OneSize 全長:142 cm 兼幅:9 cm

 

Svenskt Tenn

スウェーデン語で「スウェーデンの錫(スズ)」という意味を持つ、北欧家具を代表するブランドの一つスヴェンスクテン。1924年、美術教師であったエストリッド・エリクソン(Estrid Ericson)と、 しろめ(スズ・銅・アンチモンなどの合金)製アーティストのニルス・フォーグステッド(Nils Fougstedt)によって創業されました。

1934年にテキスタイル・デザイナーであるヨセフ・フランク (Josef Frank)が加わり、スヴェンスクテンはスウェーデン王室御用達だけでなく、世界から注目を浴びる一級のファニチャーブランドとなりました。ヨセフは亡くなるまでスヴェンスク・テンに勤務し、160のテキスタイルと2000以上の家具のデザイン手掛けました。

スウェーデンの伝統と、特有のテキスタイルデザインはスヴェンスク・テンならではの逸品です。
 

大小様々な表情を持った象が描かれた愛らしいデザインが目を惹くELEFANT Textile。1930年代に、エストリッド・エリクソンがパターンを手掛け、今日まで長く愛され続けているスヴェンスク テンを代表するテキスタイル。
 
以前にご紹介したことがありますが、こちらの記事で紹介しておりますバンダナ同様、スヴェンスク・テンのファブリックから作り上げたネクタイコレクションです。

 

当店でもお馴染みの、フルオーダーハンドメイドにて服作りを行っているAll And Everythingにて制作して頂きました。スヴェンスク・テンのショップスタッフが自社のファブリックを用いてタイを挿していたのを参考に制作した一本です。
 

 

柔らかくしっとりとした滑らかな質感は、リネンとは思えないスヴェンスク・テンならではの上品な質感と風合いです。可愛らしく存在感のあるテキスタイル生地はネクタイとして差し込んだ際に、首元を鮮やかに演出します。

裏地にはスウェーデン軍のヴィンテージのスノーパーカを解体した生成りのコットン生地を採用。よりナチュラルな風合いに仕上げました。縫製糸はAll And Everythingのこだわりにて、シルク糸にて縫製しております。

 

春先の装いに最適な首元を飾るコレクションのそれぞれ。是非お試しください。

 

雑談ですが。先日に、当店でもちょくちょくご紹介させて頂いております、千葉駅の西口にある美容院Celilo(セライロ)の杉永君とラーメンを食べに行きました。

 

千葉の代表的なラーメン屋、なりたけラーメンの派生である福たけ。最近千葉に出来たとのことで、僕もなりたけを食べたのが大学生時代の一回あったかどうかをぎりぎり思い出せるかくらいなもので、どんな感じかな?と思い言ってみました。

 

人気があるのがよくわかる美味しさでした。もっとコクというか濃い味になってもよいかな?というのが個人的な感想。背油のこってり感は好みですね!でも大森にするとどかんとしたどんぶりで出てきたのが嬉しかったです。食べ応えがありますね。
杉永君ありがとうー。次は蕎麦だね!;D

 

※お支払いは、店舗、通販サイト共にVISA, MaterCard, Amex がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡くださいませ。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

 

千葉市のインポートセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Accessory | 18:58 | comments(0) | - |
Vintage accessary collection Belt, Socks And Shoe Lace ヴィンテージアクセサリーコレクション

こんにちわ。暫くに時間が空いてしまい申し訳ございません。午前中に所用が入っていたりばたついた日々が続いておりました。

 

昨今紹介の数も多いイギリスをはじめとしたワーク・ミリタリーアイテム。これらに同梱発送してもらった小物アイテムがいくつかございますのでご紹介致します。どれもデッドストックによる未使用品に加え、非常にお買いなプライスにてご用意しておりますので是非ご覧ください。

 

DEADSTOCK 60 - 80s Womens HICKOK PIONEER Canvas Leather Belt Made in USA ハイコック パイオニア ベルト

SIZE:32inch (実寸:26~27inch)、36inch (実寸:29~30inch)¥3,800 Tax in ¥4,104

 

アメリカのベルトブランドHICKOK PIONEER BELT MAKERSのレザーキャンバスベルト。赤いチャームは付属するものとしないものが御座いますが、実際のところコレは特に意味があるものではありません。恐らくブランドアイコンでもなく、店頭に並べる際のアクセント的なモノと思います。

 

このHickokというブランド、探したけれどどブランドバックボーンが不明瞭でした…。というか今回ご紹介するアイテムのそれぞれは全て謎めいたブランドばかりです 笑

 

ホワイトのパイピング調にあしらわれた縁部分と、中央のブルーの織りによるコントラストが映えるアイビーライクな仕上がり。ブラックレザーのベルトストラップ部とゴールドメッキに仕上げられたバックルも、ベーシックながら腰回りに程よいアクセントを演出します。メッキのバックル部分には小さくmade in USAの文字が浮き彫りに。

 

おそらくはレディースアイテムとして生産された一品のようで、表記サイズよりも短い作りとなっております。

W32表記でバックル根元からセンターの穴まで77cm(ウエストサイズ68~70cmの方向け)、W36表記でバックル根元からセンターの穴まで86cm(ウエストサイズ78~80cmの方向け)となっております。

 

デニムやチノパンなどのカジュアルな組み合わせにもセンタープレスの効いたスラックス、ドレスバンツとも好相性。幅広いスタイリングにお使いいただけます。

 

続いてはこんな小物を。

 

DEADSTOCK Vtg Flat Shoelaces Brown 60cm for 2hole shoes Made In UK 2〜3ホール シューレース

¥500 Tax in ¥540

 

60~80s頃の一品と見受けられるMade in England のシューレース。Punch & Co Nortyhampton という表記がされておりますがバックボーンは不明瞭な一品。靴の生産地域としては非常に著名なノーザンプトンが記されているため、おそらくですが、いずれかのレザーシューズブランドのOEM生産によるものと見受けられます。

 

全長が60cm程のため、2アイレット〜3アイレットのチャッカーブーツやダービーシューズ用の靴紐となります。

 

色合いも深みのあるダークブラウンカラー。ブラウンベースの革靴に限らず、写真ように明るい色合いの革靴へのアクセントとしてもお選び頂けます。ちなみにこちらはクラークスを取り換えてみました。

 

オリジナルのシューレースと比べるとより違いが分かるかと思います。

 

そして足元繋がりから、当店でも需要多くご購入頂いているソックスアイテムにヴィンテージからのニューラインナップです。

 

DEADSTOCK 70 - 80s Vintage Lambswool nylon Lib Long Socks Made in UK ヴィンテージ ウールナイロン ソックス

¥1,000 Tax in ¥1,080

 

1970 〜 80s製と見受けられるイギリス製のロングリブソックス。帯には”Exclusive Stretch Socks"と書かれています。

これ意味が伝わりにくいのですが、要は”他にはないストレッチ性を備えた靴下”と言っています。時代を感じさせるネーミングですね笑

 

しかしヴィンテージと言えども品質は流石のイングランド製ソックス。ウールとナイロン混紡による柔らい履き心地と保温性を兼ね備えた履き回しの効く仕上がりです。ウール特有のふんわりとした肌触りと、ナイロン素材による乾きやすさを備えた実用性に富んだソックスアイテムです。

 

クラシカルなチャコールグレーのカラートーンと、リブ編みによる織り込みで成された足元へのアクセントは、足周りをエレガントに演出します。オン・オフ問わずに使いやすい色合いというのもポイントですね。

 

サイズ表記はUK10~12と大きめですが通常UK6を履く僕でグッドサイズ。

25.5〜28cmを履かれる方で問題なくお選び頂けます。

 

暗めの色合いを活かして、VansやConverseあたりのローテクスニーカーなんかとは好相性ではないでしょうか。当店からは是非このあたりと合わせてマッチして頂きたいですね。是非ご参考ください。

 

ところで先日。常連のお客様から誕生日プレゼントを頂きまして。本当に皆さんありがとうございます。

 

SASAWASHIという和紙素材を採用してコレクションを展開するブランドのハンドウォーマー。すごいですね、熱くなりすぎず程よい温度をキープしてくれます。僕はほとんどが事務作業なので(こうしたBLOG含む)キーボードを打つ際には冬場は異常なかじかむ問題点があり、思い切り解消してくれます。日高さん本当ありがとうございます。実はお米も頂いてます笑

そして先日のお話なのですが。ウチのお店、店頭部分が天井裏丸出しになっていた部分があり、そこから冷気が漂ったりたまに害虫が沸いてしまったりと色々な問題が発生しておりまして。
 
そこで当店を施工して頂いた業者さんにお願いをして、塞ぐ工事を行って頂きました。以前も告知したことのある、YOUTUBEに掲載した動画でも常に映っていらした高橋さんです。
 
こちらの高橋さんともう一人の現場監督であるワタナベさんが、ちょくちょくとお店を気に掛けてくださり、当店の施工が終わった後もお店に顔を出して頂いたり、ちょくちょくお買い物もしてくださっています。B to Bとしてだけでなく、人と人としてご配慮を頂けるというのが本当に嬉しいお話しで。
いつもいつもに買って頂いてばかりで申し訳ないなぁ、と思っていたので、店舗内の細かい問題個所へも業務をお願いし、win-winを保っています。
 
店舗に限らず内部外部でなにか不備がありましたらご紹介させて頂きます。洋服以外でも是非お気軽にご連絡ください:)
 

 

※お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-307-7357

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103
 

千葉市のヴィンテージ取り扱いセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら

| Accessory | 16:58 | comments(0) | - |
<< | 2/8PAGES | >>